最安値!enひかり×格安光回線3社を徹底比較!評判/速度/v6プラスは?
enひかりは「縛りなし」「違約金なし」「光コラボ最安値」です。

フレッツ光回線を利用している光回線なので、通信速度も品質も問題なし!

これだけ聞くとすごくいい光回線のように思えますが、enひかりってあまり聞いたことないし不安…と思う人もいるのではないでしょうか。

このブログではenひかりについての疑問を解決できるように、実際に使っている人の評判や通信速度やWi-Fiルーターのレンタル有無、IPv6対応など知りたいと思っている疑問や悩みついて徹底的に調査しました。

最安値の理由はなに?
enひかりって聞いたことないけど利用している人はいるの?
最安値っていうけどサポート対応が悪いとか低品質な光回線なんじゃない?
メリット・デメリットは?

enひかりと同じような格安光回線3社(おてがる光/GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)/エキサイトMEC光)と徹底比較もしましたので、ぜひ最後までご覧ください。



ネコさや

enひかりはNTT東西フレッツ光回線を利用している光回線です。
品質と速度はフレッツ光で実績済なので安心して利用できますよ。



この記事は下記のような方におすすめ
  • enひかりについて詳しく知りたい
  • enひかりって聞いたことないし、このまま申し込みしてもいいか不安
  • 複雑なプランが苦手。シンプルに月額料金がずっと安い光回線を探している
  • 安くて速い!高品質な光回線を探している

目次

最安値!enひかり×格安光回線3社を徹底比較した結果は?

enひかりvsおてがる光/エキサイトEMC光/GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)
[業界最安値]とenひかりのWebサイトに記載がありますが、本当にenひかりは最安値なのでしょうか?

冒頭でもお伝えしましたが、enひかりはNTT東西フレッツ光回線を利用している光回線です。

回線自体の速度や品質はNTT東西フレッツ光と変わらないので、料金は安いほうがいいですよね。

enひかりと同じようにNTT東西フレッツ光回線を利用していて、安さに定評がある光回線3社と比較をしてみました。

月額料金がもっとも安いのは?(戸建て/マンション)

比較をした結果、enひかりが1番月額料金が安い結果となりました。

enひかり含むここで比較した光回線4社は、元々の月額料金が安いうえに縛りもなく解約違約金もないんですよ。

複雑な料金プランや縛りがまだまだ続く光回線業界でいつでも解約できる気楽さは嬉しいですよね。

※全て税込
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
光回線 戸建て マンション
【第1位】 enひかり※最安 4,620円 3,520円
【第2位】おてがる光 4,708円 3,608円​
【第3位】GMOとくとくBB光 4,818円 3,773円
【第4位】エキサイトMEC光 4,950円 3,850円

 

ネコさや

光回線13社で比較した結果でもenひかりが最安値です!

 

 


これだけはプラスして契約してほしい


光回線を申し込む時にこれは確認したほうがいい!という項目があります。

それは[IPv6(IPoE)接続]が月額料金に入っているのか、入っていないのか…です。

もし[IPv6(IPoE)接続]が月額料金に入っていなければ、別料金でも一緒に申し込むことをおすすめします。

その理由は[IPv6(IPoE)接続]は一言でいうとインターネットをいつでも快適に利用できる接続なので、申し込まないと時間帯等によっては回線が混みあい遅くなる可能性があるからなんです。



IPv6(IPoE)接続がおすすめの理由
  • 夜間など混みあう時間でも、いつでも快適にインターネットを利用できる
  • 機器同士をつなげるだけ!接続ID/パスワードの設定は必要なく簡単にインターネットの設定が完了できる
    ※スマホ等をWi-Fiに接続する際にはWi-Fiのパスワード入力は必要です

IPv6(IPoE)接続は通常の月額料金に含まれている光回線もありますが、enひかりの場合はオプション扱いとなり別料金です。

でも、月額料金にIPv6(IPoE)接続料金をプラスしても、enひかりは1番安いままなんですよ。



ネコさや

IPv6(IPoE)接続料金を含んだ月額料金です

※全て税込
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
光回線 IPv6(IPoE) 戸建て月額料金 マンション月額料金
【第1位】enひかり +198円 4,818円※最安 3,718円※最安
【第2位】GMOとくとくBB光 無料 4,818円 3,773円
【第3位】おてがる光 +165円 4,873円 3,773円
【第4位】エキサイトMEC光 無料 4,950円 3,850円


ネコさや

enひかりはIPv6(IPoE)接続方式を3種類から選べます。
こだわりがない場合はv6プラスが1番おすすめですが、3種類の違いを知りたい!という人は下記の記事をご覧ください。



もしIPv6(IPoE)接続を一緒に申し込まなかったら…?

IPv4 PPPoEとIPv6 IPoe接続の違い
もしオプションであるIPv6(IPoE)接続に申し込まない場合は従来の接続方式[IPv4 PPPoE接続]のままインターネットを利用することになります。

従来の接続方式[IPv4 PPPoE接続]のまま利用すると、どんな影響があるのでしょうか?

従来のIPv4 PPPoE接続のままインターネットを利用すると、特にたくさんの人が利用する夜間や土日などはインターネット回線が混みあってしまい、インターネットの速度が低下してしまいます。

たまにインターネットが遅いという口コミをみます。

インターネットを利用する時の速さは利用環境によってかなり変わるので、どこに原因があるのか1つずつ確認をしないといけませんが、原因の1つとしてIPv6(IPoE)接続にしていない、従来のIPv4 PPPoE接続のままインターネットを利用している可能性があるんですよ。

enひかりでIPv6(IPoE)接続を利用するには+198円がかかりますが、インターネットをいつでも快適に利用できるなら時間面でも精神面でもIPv6(IPoE)接続に申し込んだほうがいいでしょう。

IPv6(IPoE)接続オプションに後からでも申し込める?

後で申し込むことはできます。
ただ、後から申し込む場合は初期費用2,200円(税込)がかかってしまいます。
enひかりと同時に申し込んだ場合は無料です。

 

ネコさや

今ならIPv6(IPoE)接続のv6プラスに申し込んだ場合、v6プラス対応のWi-Fiルーターが1,100円で購入できるキャンペーンを実施中です。 ※v6プラスはIPv6(IPoE)接続のサービス名です。v6プラスを利用するには対応ルーターが必要です。

公式enひかりはこちら

【4社】光回線の比較一覧表(初期費用/特典/2年間実質合計金額など)※内訳あり

enひかりと月額料金が安い人気の光回線3社との比較表です。

月額料金では最安値のenひかりですが、Wi-FiルーターやIPv6料金、キャンペーン内容を含んだらどうなのでしょうか?

比較した結果金額だけでみると"おてがる光"または"エキサイトMEC光"がお得になりました。 (12/27までGMOとくとくBBがお得です)

ただ結果内容はキャンペーン内容や自分の利用環境により変わります。

内訳がありますので、自分に必要のない項目があれば自分用に計算し直すこともできますのでぜひ活用してみてくださいね。


ネコさや

月額料金が安いほうがいい!という人はenひかりがおすすめ!スマホをUQモバイル/ahamo/povoを利用している場合はenひかりの月額料金がさらに110円安くなりますよ

 

新規・転用・事業者変更とは?

【新規】NTTが提供するフレッツ光回線を利用していない(例:新築/NURO光などの独自回線を利用等)
【転用】NTTが提供するフレッツ光回線を利用している
【事業者変更】光コラボレーション事業者を利用している(例:ドコモ光/ソネット光/ビッグローブ光等)

 


最新の情報は随時チェック

キャンペーンの内容等は2022年12月時点の内容で反映しています。
価格や特典内容などの情報は毎月調査を行い変更点を確認次第、随時更新していきますが最終的な正しい情報は申し込み先サイトをご確認ください。



※合計金額は工事費、IPv6、Wi-Fiルーター、キャンペーン内容等下記項目を全て含んだ金額
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
※全て税込
enひかり おてがる光 GMOとくとくBB光 MEC光
工事費 戸建て
16,500円
マンション
16,500円
戸建て
19,800円
マンション
16,500円
戸建て
26,400円
マンション
25,300円
戸建て
15,000円
マンション
15,000円
手数料 2,200円~ 3,300円 3,300円 1,100円~
月額料金(戸建て) 4,620円 4,708円 4,818円 4,950円
月額料金(マンション) 3,520円 3,608円​ 3,773円​ 3,850円
Wi-Fiルーター 1,100円で購入 110円/月※1 無料 110円/月
IPv6 198円/月 165円/月 無料 無料
特典 ①v6プラス申し込み(+198円)でv6プラス対応Wi-Fiルーターが1,100円で購入できる
②enひかりクロス(10Gbps)工事費無料
①おてがるでんき同時加入で最大2,000円キャッシュバック
②【新規】工事費実質無料&1ヵ月無料
③あんしんサポート+(750円/月)1ヵ月無料※リモート/訪問設定サポート
④【転用/事変】1年間月額料金550円引き
①工事費実質無料
②≪12/27まで≫他社の解約違約金40,000円キャッシュバック
③≪12/27まで≫全員12,000円キャッシュバック
①事務手数料無料
②工事費無料
③月額522円(戸建て)495円(マンション)×12カ月割引
④開通手数料3,300円無料またはWi-Fiルータープレゼント
2年間の実質金額
戸建て(新規)
136,532円

(内訳)
月額料金4,620円×24ヵ月
ルーター1,100円購入
Ipv6料金198円×24ヵ月
工事費16,500円
手数料3,300円
ーーーーーーーー
合計136,532円
117,909円

(内訳)
月額料金4,708円×23ヵ月
無線LAN110円×23ヵ月
Ipv6料金165円×23ヵ月
工事費無料
手数料3,300円
ーーーーーーーー
合計117,909円
※1ヵ月無料
106,932円→12/27まで最安

(内訳)
月額料金4,818円×24ヵ月
ルーター無料
工事費実質無料
手数料3,300円
キャッシュバック-12,000円
ーーーーーーーー
合計106,932円
115,176円

(内訳)
月額料金4,950円×24ヵ月
ルーター110円×24ヵ月
工事費無料
手数料無料
月額522円×12カ月割引
-6,264円
ーーーーーーーー
合計115,176円
2年間の実質金額
戸建て(転用/事変)
118,932円

(内訳)
月額料金4,620円×24ヵ月
ルーター1,100円購入
Ipv6料金198円×24ヵ月
手数料2,200円
ーーーーーーーー
合計118,932円
116,292円

(内訳)
月額料金4,708円×24ヵ月
無線LAN110円×24ヵ月
Ipv6料金165円×24ヵ月
割引-6,600円
手数料3,300円
ーーーーーーーー
合計116,292円
106,932円→12/27まで最安

(内訳)
月額料金4,818円×24ヵ月
ルーター無料
工事費実質無料
手数料3,300円
キャッシュバック-12,000円
ーーーーーーーー
合計106,932円
115,176円

(内訳)
月額料金4,950円×24ヵ月
ルーター110円×24ヵ月
手数料無料
月額522円×12カ月割引
-6,264円
ーーーーーーーー
合計115,176円
2年間の実質金額
マンション(新規)
110,132円

(内訳)
月額料金3,520円×24ヵ月
ルーター1,100円購入
Ipv6料金198円×24ヵ月
工事費16,500円
手数料3,300円
ーーーーーーーー
合計110,132円
92,609円

(内訳)
月額料金3,608円×23ヵ月
無線LAN110円×23ヵ月
Ipv6料金165円×23ヵ月
工事費無料
手数料3,300円
ーーーーーーーー
合計92,609円
※1ヵ月無料
81,852円→12/27まで最安

(内訳)
月額料金3,773円×24ヵ月
工事費実質無料
手数料3,300円
キャッシュバック-12,000円
ーーーーーーーー
合計81,852円
89,100円

(内訳)
月額料金3,850円×24ヵ月
ルーター110円×24ヵ月
工事費無料
手数料無料
月額495円×12カ月割引
-5,940円
ーーーーーーーー
合計89,100円
2年間の実質金額
マンション(転用/事変)
92,532円

(内訳)
月額料金3,520円×24ヵ月
ルーター1,100円購入
Ipv6料金198円×24ヵ月
手数料2,200円
ーーーーーーーー
合計92,532円
89,892円

(内訳)
月額料金3,608円×24ヵ月
無線LAN110円×24ヵ月
Ipv6料金165円×24ヵ月
割引-6,600円
手数料3,300円
ーーーーーーーー
合計89,892円
81,852円→12/27まで最安

(内訳)
月額料金3,773円×24ヵ月
工事費実質無料
手数料3,300円
キャッシュバック-10,000円
ーーーーーーーー
合計81,852円
89,100円

(内訳)
月額料金3,850円×24ヵ月
ルーター110円×24ヵ月
手数料無料
月額495円×12カ月割引
-5,940円
ーーーーーーーー
合計89,100円
※1 HGW(ホームゲートウェイ)に無線LANカードを利用


【工事費実質無料】についての注意点
"おてがる光"と”GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)"は「工事費実質無料」です。
工事費は毎月分割で支払いますが、月額料金から同額分が割引される為、実質工事費用は無料になります。
もし途中で解約した場合、分割残債額を支払う必要があります。

・おてがる光:12回分割(1年)
・GMOとくとくBB光(GMO光アクセス):36回分割(3年)

※"enひかり"は工事費が基本的には一括払い、"エキサイトMEC光"は完全に無料の為、途中解約時でも工事費残債は発生しません。

ネコさや

enひかりは通常のプラン(最大速度1Gbps)は工事費が16,500円かかりますが、超高速インターネット接続サービスの最大10Gbpsの通信速度である「enひかりクロス(5,445円/月)」をお申込みの場合は工事費16,500円(税込)が無料になります。オンラインゲームなど速度を求める人にはおすすめのプランです。

 

業界最安値!enひかり
格安SIM/スマホの様な「格安光回線」としての位置づけを目指している
enひかりは光回線業界最安値
【enひかりの特徴】
・縛り/違約金なし​
・格安スマホセット割(UQモバイル/ahamo/povo)​
・光コラボ業界最安値(プロバイダ/光回線のセット料金)
・フレッツ光と同じ回線を利用している光コラボ(最大1Gbps)
・10Gbpsの超高速も業界最安値、最低利用期間なし​
・v6プラス、transix、Xpassなど付加サービスも充実​
・ずっと月額料金安いシンプルな料金プラン

\今だけv6プラス申し込み(+198円)でIPv6対応Wi-Fiルーターが1,100円で購入できる/

 

enひかりとは


enひかり(エンひかり)という光回線は、聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。

enひかりは2017年より開始されたばかりの光回線のため、他の光回線に比べて日が浅く知名度は高くありません。

enひかりを提供している会社は株式会社縁人(エンジン)という会社で、2007年よりインターネット回線の販売を行っている代理店です。

アジア太平洋急成長企業ランキング2022にランクインした現在急成長中の会社なので、会社としての実績は十分あるんですよ。

光回線としての実績はまだ浅いですが、回線自体はNTT東西フレッツ光回線を借りて運用している光回線なので品質も速度も全く問題ありません。

enひかりのようにNTT東西フレッツ光回線を借りて私たちに提供している光回線を"光コラボ"と呼ぶんですが、enひかりのような光コラボは他にもあります。

このブログで紹介しているおてがる光やGMOとくとくBB光、エキサイトMEC光や大手のドコモ光やソフトバンク光などたくさんあるんですが、どこもNTT東西フレッツ光回線を利用しているので回線速度や品質は同じというわけですね。


光コラボとは?
光コラボレーション(光コラボ)とは①プロバイダ+②フレッツ光の回線を提供+③独自サービスを提供している光回線のことを光コラボと呼びます。

光コラボレーション(光コラボ)とは、
「NTTが提供しているフレッツ光の回線を借りて、
インターネットにつなげる役割である①プロバイダ」と、
そのつなげた「フレッツ光の②光回線を私たちに提供するサービス」と「③独自のサービスをあわせて提供する」光回線のことを呼びます。




だいふく
同じフレッツ光の回線を利用している光コラボなのに、なんでenひかりはここまで安くできるの?
ネコさや
安いと他のサービスに問題ないか逆に不安になるよね。
実際にenひかりに直接聞いてみたから安さの秘密を解説していくね!


業界最安値の理由


enひかりは光回線業界最安値

enひかりは光回線の中でも最安値の月額料金で私たちに提供してくれています。

なぜ最安値で提供できるのでしょうか?

enひかりはお客様ファーストで安く提供する為に広告費をかけなかったり、プロバイダのメールアドレスをなくしたり、いろいろな工夫や努力をしているからなんです。

enひかりを提供している株式会社縁人に聞いてみたところ、enひかりを開始するきっかけとなったのが実際の現場で多くのお客様から生の声を聞いたからだそうです。

これまで10年に渡るインターネット回線の販売経験の中で「光回線の料金プランがわかりにくい」「もっとシンプルに安くインターネットを使いたい」という多くの生の声を聞いてきた結果、“よりシンプルに、もっと満足いただける商品をお届けしたい”という思いが強くなったそうです。

そして2017年よりNTT光コラボレーションモデルにて「enひかり(エンひかり)」の提供を開始しました。

実際の現場で生の声を聞いたからこその料金体系なんですね。


安さの秘密
  • 広告費をかけていない
  • プロバイダのメールサービスがない(例:〇〇@nifty.com/〇〇@docomonet.jp等)
  • 契約後のマイページがない(全て電話対応で一本化)
  • 格安SIM/スマホの様な「格安光回線」としての位置づけを目指している
  • “よりシンプルに、もっと満足いただける商品をお届けしたい”という思いがある
  • 料金に一番こだわったインターネットサービスである

だいふく
10年以上の販売経験で、お客様の生の声を聞いてきたんだね
業界最安値!enひかりはこちら

enひかりの特徴


enひかりの特徴は"安さ"だけではありません。

料金には一番こだわっていますが、お客様ファーストで私たちが利用しやすいように契約期間の縛りを設けていません。

UQ mobile/ahamo/povoユーザーを対象とした月額料金割引「勝手に割り」のサービスまであります。

「勝手に割り」という名前のとおり、enひかりが勝手に割り引くのでスマホ料金からではなく、enひかりの月額料金から110円割り引かれるんですよ。

enひかりにはこんな特徴がある!
  • 契約期間の縛りがない
  • 違約金がない
  • UQ mobile/ahamo/povoユーザーにはenひかり月額割引サービス「勝手に割り」を適用
  • 光コラボ業界最安値(プロバイダ/光回線のセット料金)
  • フレッツ光と同じ回線を利用している光コラボ
  • v6プラス、transix、Xpassなど付加サービスも充実
  • シンプルな料金プランで月額料金がずっと安い
  • 大概ね10Gbpsの超高速インターネットサービス「enひかりクロス」が光回線の中で最安値

enひかりがおすすめな人

enひかりの料金プランはシンプルでわかりやすく最初からずっと安いので、月額料金を安くしたい!という人におすすめです。

縛りがなくいつでも解約できる気楽さがありますが、元々の月額料金が安いので長年利用すればするほど他の光回線と比べるとお得になります。

不要なオプションもないので、いつのまにか有料オプション料金をずっと請求されていた!ということもありません。

速さにこだわる人へもおすすめの光回線なんですよ。

理由は、最大概ね10Gbpsの超高速インターネットプランも他の光回線と比べると最安値だからです。

インターネットを閲覧したり、インターネットショッピングを楽しむ程度であれば1Gbpsの通常プランで問題ないですが、オンラインゲームなどどにかく速さを求める人には10Gbpsの超高速「enひかりクロス」がおすすめです。

「enひかりクロス」は光回線の中でも最安値で、しかも工事費無料です。

「enひかりクロス」も縛りや違約金は一切ありません。

こんな人にはenひかりがおすすめ!

シンプルに月額料金がずっと安いほうがいい
セット割が対象外の格安スマホを利用している
引っ越しが多い、いつあるのかわからない
長年利用したい、乗り換えたくない
オンラインゲームなど大容量が必要なので最大速度10Gbpsがいい
キャッシュバックをもらい忘れる自信がある
複雑な料金プランを好まない幅広い層の方

 

enひかりがおすすめできない人

反対にenひかりをおすすめできない人もいます。

スマホをドコモやソフトバンクを利用している場合など、スマホセット割がある光回線であれば基本的にはスマホと同じ事業者が提供している光回線を利用したほうがお得になります。
(ドコモ×ドコモ光/ソフトバンク×ソフトバンク光など)

またキャンペーンを利用して少しでも実質金額を安くしたいという人にはenひかりはおすすめできません。

月額料金だけで見るとenひかりは最安値ですが、シンプルなプランがゆえにキャッシュバックなどのキャンペーンは行っていないので、キャンペーン内容を含めると他の光回線のほうが安くなる場合があるからです。

こんな人にはenひかりはおすすめできない!

スマホセット割引がある(例:ドコモ、ソフトバンク等)
※契約台数によっては、他の光回線のほうが安くなる可能性があるのでご注意ください。
特典やキャンペーンを利用して、少しでも節約したい

 

ネコさや
下記の記事ではスマホ別にお得な光回線を解説しています

 

enひかりのお得な申し込み先はどこ?

ほとんどの光回線では公式や代理店、家電量販店など申し込み先がたくさんあり、それぞれで提供しているサービスが違います。

申込先によってお得さが変わるので、光回線をどれにするか迷った後に申込先も迷って…と複雑で本当にわかりにくい業界ですよね。

enひかりはどこから申し込むのが1番お得なんでしょうか?

enひかりは申し込み先も非常にシンプルで[enひかり公式]でしか申し込むことはできません。


ネコさや

enひかりは全て自社で販売・管理しています。
代理店販売等は一切行っていないので、代理店や家電屋さん等から申し込みはできません。

 

業界最安値no enひかりが申し込めるのは公式だけ

事前に確認しておきたい事11選

enひかりのプランはとてもシンプルでわかりやすく、複雑な表現をしていません。

料金も1年目のキャンペーン割引が終わって2年目から金額が大幅に変わるなど、わかりにくい点はありません。

基本的な以下の11点についてどれもシンプルで、さーっと読めてしまうと思いますので事前に確認をしておきましょう。

※クリックするとその項目まで飛ぶことが出来ます。

それでは1つずつ見ていきましょう。

①評判


enひかりの評判はどうなのでしょうか?

評判は実際に利用している生の声を聞くのが1番確実なので、Twitterでの口コミを調査しました。

ネコさや

利用者のTwitterの声を見ると、満足度が高い声が多かったです。

 

サポートセンターについて


enひかりのサポートセンターの評判はどうなのでしょうか?

口コミを調査したところ、電話対応の流れもシンプルで利用者には好評なのが確認できました。

電話をするとよくあるのは自動音声案内に繋がること…(何番をプッシュ等)。

オペレーターにすぐに繋がるというのは、時間も手間も省けてイライラもしないですよね。

問い合わせやプランの変更等の手続きは全て電話になるのでそこが少し手間な部分ではありそうですが、オペレーターの対応がやさしいのは安心して色々聞けたりできそうです。


通信のトラブル発生時の回避について

通信トラブル発生時についての評判はどうなのでしょうか?

インターネットを利用していて、通信が途切れるなんてことがあったら大問題ですよね。

回線事情に詳しい人の口コミでもありましたが、万が一通信にトラブルが発生してもenひかりの場合は回避できる手段があるんです。

詳しい解説はこちらをご確認ください。

これはenひかりだけができる回避手段ですよ。


速度・品質について

enひかりの通信速度の評判はどうでしょうか?

インターネットを利用する時の速さは利用環境によってかなり変わりますが、enひかりの回線最大速度は1Gbpsなので利用環境に問題なければ通常は普通にインターネットが楽しめる速度で利用できます。

下り100Mbpsあればオンラインゲームなども普通に楽しめるので、口コミのように激安のWi-Fiルーターでも問題なさそうですね。



お中元にそうめんやパンケーキミックスがもらえる!?


Twitterにenひかりから"そうめん"が届いたという口コミが多数あります。

enひかりに申し込めば、恩返しということでお中元がもらえるかもしれません。

ポスト投函便なので、不在でも受け取ることができる配慮が嬉しいですね。



ネコさや
2022年はそうめん&パンケーキミックスだったようです。
安い光回線なのに心遣いがすごい…



②特典・キャンペーン


enひかりはシンプルな料金プランで元々月額料金が安い為あまりキャンペーンを行っていませんが、現在は下記のキャンペーンを行っています。

最大速度10Gbpsのenひかりクロスは、かなりの破格の値段なのに工事費も無料だなんてすごい太っ腹です!

enひかりクロスは高画質な映像サービスやゲーム・VRなどを複数端末での利用など、大容量の通信を必要とする場合はおすすめです。

ネコさや

enひかりクロスの月額料金は5,445円です。(v6プラス・Xpass込み)
これは他社の1Gbpsの月額料金よりも安いんですよ。

 

現在行っているキャンペーンはこれ!

①IPv6対応!Wi-Fiルーターが1,100円で購入できる※v6プラス申し込み(+198円)が必要
②enひかりクロス(最大概ね10Gbps)の工事費無料
③enひかりクロス申し込みでWiFi6対応無線ルーターが大特価で購入できる

 

ネコさや

enひかりクロス(10Gbps)申し込みで買えるBUFFALOのWi-Fiルーター[WXR-6000AX12S]が届いたという口コミ…
すごい速そうですね^^;※12/3追記※現在は別の機種になっています。在庫状況により日々変わるようです。


enひかりのキャンペーンを確認する

③通信速度


実際の利用者が毎日速度を計測している"みんそく"を見ると、全く問題はありません。

YouTubeを見ていたり、オンラインゲームをしていると[遅い]なんてことはありませんか?

実は"下り"の速度数値が低いと、"遅い"影響をうけてしまいます。

enひかりは、格安光回線3社と比べると 下りが特に速いです!(記事作成時のみんそく数値)

このぐらいの数値があれば、YouTubeもさくさく見れるしゲームも快適にプレイできます^^

ネコさや
下り(ダウンロード)の速さが実測値で100Mbps以上あれば、
オンラインゲームも動画もストレスなく楽しめます
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
光回線 上り/下り ランキング
【第1位】 enひかり 306.49Mbps/349.99Mbps 25位/63位
【第2位】おてがる光 257.24Mbps/316.53Mbps 28位/63位
【第3位】エキサイトMEC光 254.87Mbps/300.48Mbps 34位/63位
【第4位】GMOとくとくBB光 261.83Mbps/298.0Mbps 35位/63位
参考:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト (minsoku.net)

用語がわからない!
●上り=SNS、YouTubeへ動画や写真を投稿する、メールを送信する、ファイルを共有する、オンライン会議をする(映像の送信)等

●下り=WebサイトやSNS、YouTubeを閲覧する、オンラインゲームをする、メールを受信する、アプリをインストールする、 動画や画像などのデータをダウンロードする等※下りの速さが最も重要!

●Mbps(メガビーピーエス)=1秒間にデータを送受信できる容量を表す単位。数値が大きいほど速い


ネコさや
オンラインゲームやVRで複数端末を使う!とにかく速度がほしい!という人は
最大速度10Gbpsの「enひかりクロス」がおすすめです。
最安値&工事費無料です。


④Wi-Fiルーター


enひかりは残念ながらWi-Fiルーターの無料レンタルは行っておりません。

Wi-Fi(無線)を利用する場合は市販のWi-Fiルーターを用意するか、有料で無線LANカードをレンタルするのかいずれかが必要です。

無線LANカードの場合は無線LAN機能が内臓されたHGW(ホームゲートウェイ)を利用する為、速度を求める場合や長く利用する場合はおすすめできません。

性能や費用面からでも市販のWi-Fiルーターを別途用意しましょう。


Wi-Fi(無線)利用時に必要

①市販のWi-Fiルーターを用意
→現在v6プラス申し込みでWi-Fiルーター(v6プラス対応)が1,100円で購入できるキャンペーンを実施中!
②無線LANレンタル申込み(330円/月)→無線LAN機能が内臓されたHGW(ホームゲートウェイ)を利用

 

V6プラス等に対応したルーターは市販でも5000円程度で販売されてるので、
1,100円で購入できるのはすごくお得ですよ!
enひかりのキャンペーンを確認する


自分で購入するとしたら…
\IPv6対応(v6プラス/transix/Xpass全てOK)おすすめのWi-Fiルーターはこちら/

 

⑤縛り・違約金


enひかりは縛りもなく、いつ解約しても違約金は発生しません。

1Gbpsの通常プランも10Gbpsのenひかりクロスも縛りも違約金もありません。



⑥メリット・デメリット


enひかりのメリットとデメリットはなんでしょうか?

どんな光回線でもメリットとデメリットはありますので、ちゃんと確認をしていきましょう。

メリット
  • 縛りがない
  • いつ解約しても違約金は発生しない
  • 月額料金が最初からずっと安いまま(途中で上がらない)
  • プロバイダ込の料金の為、請求が一カ所で管理がしやすい
  • IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6​接続で、インターネットが高速で安定して利用できる(+198円/月)
  • v6プラス/transix/Xpassと3つ選択できることにより、通信トラブルが発生した際には通信の利用断を最小限に抑えることができる
  • とにかくシンプルなプランでわかりやすい
  • 大概ね10Gbpsの超高速インターネットサービス「enひかりクロス」が光回線の中で最安値&工事費無料
  • いつでもモバイルWi-Fiが3泊4日無料レンタルできる(1泊2日の利用注文が必要)
  • お中元がもらえる(そうめんやパンケーキミックスなど)


デメリット
  • 工事が必要な場合は工事費が発生する
  • Wi-Fiルーターの無料レンタルはない
    ※現在は高性能Wi-Fiルーターを1,100円で購入できるキャンペーンを実施中


圧倒的にメリットのほうが大きいですね。

個人的な感想では、お中元をもらえるのが嬉しい…。

enひかりを契約しているTwitterユーザーに対して公式のenひかりがフォローしているようですし、今までにそんな距離感の光回線は他にないですよね。

⑦スマホセット割引


月額料金が元々安い光回線はスマホセット割引がない場合が多いですが、enひかりの場合はUQモバイル・ahamo・povoの利用ユーザーに対して独自のサービス割引があります。

UQモバイル・ahamo・povoの利用者にはenひかり回線の月額料金から最大110円が割り引かれます。

何台もっていても、最大110円引きです。

enひかりは大手キャリアに対する格安SIM・スマホの様な「格安光回線」としての位置づけも目指している光回線です。

格安SIM×格安光回線(enひかり)の組み合わせで通信費が安くなるうえに、セット割があるとかなりお得になりますね!

スマホセット割(勝手割り)※全て税込

UQモバイル:110円引き
ahamo:110円引き
povo:110円引き

 

⑧利用できるエリア


enひかりはNTT東西フレッツ光の回線を使用している為、NTT東西フレッツ光が利用できるエリアであればenひかりも利用可能です。

つまり全国で利用可能です。

ただフレッツ光は日本国内ではほとんどの地域で利用可能ですが、一部では利用できない場所がありますので利用できるエリアか事前にご確認ください。

【NTT東日本エリア】利用できるかここから確認する
【NTT西日本エリア】 利用できるかここから確認する


⑨【IPv6(IPoE)接続】v6プラス/transix/Xpassの違い


enひかりの場合はIPv6(IPoE)接続サービスにはv6プラス/transix/Xpassと3種類があります。

それぞれどう違って、どれを選べばいいのでしょうか?

IPv6(IPoE)接続は有料ですが追加で費用がかかっても[でも…これだけはプラスして契約してほしい]のところで、IPv6(IPoE)接続に申し込んだほうがいい理由を解説しました。

ここでは違いと選び方について解説していきます。

IPv6(IPoE)接続サービスは3種類ある

①v6プラス(ブイロク プラス)
②transix(トランジックス)
③Xpass(クロスパス)

 

技術的にはどれも同じ


[インターネットをストレスなく快適に利用する]という観点で見ると全て同じです。

主な違いは[サービス名が違う][利用する為の機器が違う]この2点です。

ほとんどの人の場合はこの2点だけ影響がありますが、どれを選んでもインターネットを利用する面でほとんど違いはありません。

違いについては技術的な話になり少し難しいですが、そこまで完全に理解できなくても大丈夫ですのでご安心ください。

主な違いはこの2点

①サービス名が違う→それぞれ提供している会社が違う為、呼び名が異なる
②利用する為の機器が違う→それぞれ利用できるWi-Fiルーターが違う。
ただ、v6プラスとtransixはほとんどのWi-Fiルーターで利用可能

 

3つの中からどれがおすすめ?


enひかりのサポートにも聞いてみましたがv6プラス、transix、Xpassについて通信品質についてはおすすめなどはないそうです。

ただ特にこだわりがなく、Wi-Fiルーターを持っていない場合は現在Wi-Fiルーターを安く購入できるキャンペーン実施中の[V6プラス]がおすすめだそうです。

v6プラスが1番おすすめの理由

①Wi-Fiルータ等の対応機器が1番多い
②v6プラスの光回線が多い(乗り換え時もそのままWi-Fiルーターが継続利用できる)
③固定IPv4アドレスのサービスもある
④現在enひかりは[v6プラス申し込みでWi-Fiルーター1,100円購入可能]キャンペーンを行っている

 


ネコさや
enひかりのサポートにどれが人気か聞いたところ、ほとんどの人が[V6プラス]を選択するそうです。
よくわからない場合は[v6プラス]+[Wi-Fiルーター1,000円購入キャンペーン]を
利用するのがおすすめです。


それぞれの違いをもう少し詳しく解説


もう少し詳しく知りたい!という人向けにそれぞれの特徴を一覧表にまとめてみました。

もういい!という人は次の項目に進んでも大丈夫ですよ。

※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
IPv6サービス名 プロバイダ 接続方式 通信技術 利用する為に必要機器 ポート開放 IPv4アドレス
v6プラス おてがる光/GMO光アクセス/@nifty光/ソネット光 IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6 MAP-E NTT東西のHGW※1(ホームゲートウェイ)またはv6プラス対応のWi-Fiルータ 可能※2 変更不可
transix エキサイトMEC光/IIJmioひかり IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6 DS-Lite transix(DS-Lite)対応のWi-Fiルータ 不可 変更可能
Xpass 楽天ひかり IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6 DS-Lite NTT東西のHGW※1(ホームゲートウェイ)またはXpass対応のWi-Fiルータ 不可 変更可能
※1 HGWはNTTの300番台以降であれば全て利用可能(enひかりが提供しているHGWは全てIPv6対応)
※2 一部のポートの開放は行えない

ネコさや
対応ルーターを利用しない場合はIPv4のみにしか対応していないWEBサイトへ(ヤフー、アマゾン、楽天等)はアクセスができなかったり遅くなる可能性があります。

ポートって何?何をする時に開放するの?

簡単に言うとポート=扉のようなものです。
ポートを開けて、コンピューターやルーター⇔外部ネットワークと通信を行いデータの送受信を行います。
通常ポートの開放が必要な時は例えば下記のようなものがあります。

①外出先から自宅のパソコンにリモート接続
②外出先から防犯カメラ等の映像をみる
③自宅に設置したWebサーバを公開する
④対戦相手との通信を行うオンラインゲーム(固定IPv4アドレスを申し込むことでXpassも対応可能)

 

ネコさや
多くのオンラインゲームは、ユーザ側に対して特定の送信元ポート番号を
要求していないようですが、ご自身でご確認ください


通信技術[MAP-E]と[DS-Lite]の違いは何?

●MAP-E(Mapping of Addresses and Port with Encapsulation)
IPv4アドレスの変換をユーザー側の機器で行う
状態管理をユーザ側に設置されている機器へと分散できるので、DS-Liteよりシンプルな処理を行える

●DS-Lite(Dual-Stack Lite)
IPv4アドレスの変換をプロバイダ側の機器で行う

 

ネコさや
Webサイトや動画を閲覧したりするだけでインターネットを利用している場合は、
特に個人でポートを開放する作業は必要ありません。
v6プラス/transx/Xpass3つの違いによる影響は特にないのでどれを選んでも問題ありません。

 

なぜenひかりの場合は3つもあるのか?


v6プラス、transix、Xpassは[インターネットをストレスなく快適に利用する]という観点で見ると全て同じなのに、なぜ3種類あるのでしょうか?

他の光回線の場合は、通常はv6プラスやtransixなど1つしかなく選択することはできません。

でもenひかりの場合はv6プラス/transix/Xpassと3つから選択できます。

しかも通信品質などほとんど違いはありません。

それなのになぜ3つもあるのでしょうか?

実はv6プラスなどのサービスを提供している企業はenひかりなどのプロバイダではなく、VNE(Virtual Network Enabler)と呼ばれる事業者が提供しています。

私たち一般ユーザーが契約するのはインターネット接続に必要な「プロバイダ」と「光回線」を提供している事業者のenひかりやおてがる光です。

しかしv6プラスなどのIPv6(IPoE)接続方式を利用した場合、インターネット通信はプロバイダではなくVNEを通じて行われます。

実際の通信はプロバイダは関係なく、VNEが関係しているというわけです。(つまりv6プラスの光回線はどれも同じVNE)

万が一通信トラブルが起こった場合はプロバイダ側ではなくVNE側の対応が必要になります。

VNEが通信トラブルを起こした場合、他のVNE(例:v6プラス→transix)に変更することで通信トラブルによるリスクを最小限に抑えることができるというわけです。

3種類ある理由の1つとして、通信トラブル時に回避できるという理由があるんです。



⑩オプション(電話・電気・サポート)


enひかりはシンプルなプランなのであまりオプションはありませんが、電話やサポートなど基本的なオプションは揃っています。

もちろんどれも縛りや違約金はありません。

※全て税込表示
※横へスライドすると全ての項目が表示されます
オプション名 内容 月額料金
enひかり電話 電話機と電話番号をもっている場合はそのまま利用可能な電話サービス 550円~
enひかり電気 一般送配電事業者(東京電力等)の電力と全く変わらずに、
ご家庭の電気を最安値水準で提供するサービス
390円~
リモートサポート 専用オペレーターがお電話及び遠隔操作にて、何度でもサポート 550円
テレビ 地上/BSデジタル放送が受信できるようになるサービス 825円
固定IP 毎回同じIPアドレスを利用できる為、オンラインゲームやネット証券など
固定IPアドレスを必要とするものも利用できる
770円
v6プラス 混みあう時間帯でもいつでも快適にインターネットが利用できる
インターネット接続サービス
198円
transix 混みあう時間帯でもいつでも快適にインターネットが利用できる
インターネット接続サービス
198円
Xpass 混みあう時間帯でもいつでも快適にインターネットが利用できる
インターネット接続サービス
198円

enひかり電気の値上げについて


7月にenひかり電気の料金が改定されたばかりですが、10月からさらに値上がることがenひかり公式より発表されました。

enひかり電気はenひかりとセットじゃないと申し込めないので安いenひかり電気を目当てに光回線を乗り換えた人もいるようですが、 10月からの値上げで、東京電力などとほとんど変わらない金額となってしまうようです。

電気を見直さないと思いながらも私はまだ中部電力を利用していますが、 実際にかかった7月の中部電力の料金と、enひかりの10月からの新料金で計算をして比較をしたら、 400円程度enひかり電気のほうが安くなりました。

まだenひかり電気のほうが安いようです。

ただ、資源エネルギー庁の記事でもありますが エネルギー資源にとぼしい日本では、輸入する燃料価格が電気料金に大きく影響します。

こればかりはenひかり側ではどうしようもないのが実情ですよね…。

社会情勢を見ると、長期化しそうな気がしますので enひかり電気に乗り換える場合は、今後の値上げのことも考える必要がありそうです。

ネコさや
中部電力の明細を見ると、「燃料費調整額」やら「再エネ発電促進賦課金」やら 訳の分からない費用が加算されています。
その点enひかりは燃料費等も全て含んだわかりやすい価格になっていることは良心的ですよね。


 

ネコさや

前年の同月より電力利用量が下がれば「ソーラー充電式LEDランタン」がもらえるキャンペーンを行っています。
利用者にも環境にも優しい企画をenひかりはいつも考えていますね。

 

⑪解約・サポート対応


月末で解約希望の場合、解約希望月の20日までにカスタマーセンターへ解約希望の連絡をする必要があります。

月の途中で解約しても、日割り計算とはならず一月分満額の請求です。

契約後の問い合わせや各種変更は、電話のみ(有料)となりますがちょっとした問い合わせであれば、enひかり公式Twitterで聞いても問題なさそうです。(個人情報は掲載しないでください)


サポート連絡先

契約後の各種変更手続きや解約等の連絡は、全て下記に連絡することになります。
マイページ等はなく、全て電話での対応です。

■enひかりカスタマーセンター
≪電話番号≫契約後:03-5534-9997/契約前:0120-91-5586
≪受付時間≫10:00~19:00 
年中無休・土日祝日も営業(年末年始12月28日~1月7日を除く)
最終受付18:30迄

 

よくある質問


Q1.開通月の請求は日割り計算?

A1.ご利用開始月は日割り計算とはならず、一月分満額のご請求となります。

Q2.enひかりのプロバイダってどこ?

A2.enひかりです。
enひかりはインターネット接続に必要な「プロバイダ」と「光回線」が同一業者でセットになったインターネット接続サービス(光コラボ)です。

Q3.支払い方法は何がある?

A3.支払いは下記の方法があります。

支払い方法の種類

≪支払い方法≫請求書払い/口座振替/クレジットカード払い/デビットカード
≪請求元≫enひかりより業務受託を受けたNTT東西
詳しくはこちらをご確認ください

 

Q4.Wi-Fiルーターの設定が不安…

A4.IPv6接続を申し込んだ場合、設定はとっても簡単です。
下記の記事に詳しく手順を解説していますので参考にしてみてください。

 

Q5.IPv6(IPoE)接続がつながらない(v6プラスの場合)

A5.様々な原因が考えられる為、どこで問題が発生しているか原因の切り分けを行う必要があります。
通信障害が考えられる場合は、ここから接続に問題がないか切り分けを行うことができます。

Q6.工事費が無料になる方法がある?!

A6.はい、あります。
超高速インターネット接続サービスの最大10Gbpsの通信速度である「enひかりクロス(5,445円/月)」をお申込みの場合は、 工事費16,500円(税込)が無料になります。

10Gbpsのプランも業界最安値のうえに、Wi-Fi6対応Wi-Fiルーターが大特価で購入できるキャンペーンも行っています。
※今なら10Gbps対応LANケーブルもプレゼント中

オンラインゲームをする人にはおすすめです。

まとめ


光回線業界最安値!enひかりの徹底調査と、他の格安光回線3社(おてがる光/GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)/エキサイトMEC光)との比較をしました。

どの光回線も安いので、迷ってしまうかと思いますので、おすすめ別にまとめてみました。


業界最安値!enひかり
格安SIM/スマホの様な「格安光回線」としての位置づけを目指している
enひかりは光回線業界最安値
【こんな人に特におすすめ】
・縛りなし/違約金なし、月額料金が安いほうがいい​
・シンプルな料金プランがいい​
・IPv6(IPoE)接続が不要な人​
(※​IPv6(IPoE)接続料金をプラスしても最安値ですが、不要の場合はもっと安くなる)
・IPv6(IPoE)接続対応のWi-Fiルーターを持っている
→今だけIPv6(IPoE)接続対応のWi-Fiルーター1,100円で購入できるキャンペーン開催中
​​ ・長い期間利用したい(月額料金が最安値なので利用するほどお得)​
​​ ・オンラインゲームをする→10Gbpsの超高速「enひかりクロス」が最安値&工事費無料​​
​​​
​ ■enひかり(公式)はこちら


気軽に利用!おてがる光
単身者は利用しやすい!



【こんな人に特におすすめ】
・縛りなし/違約金なしがいい​
・光回線の工事が必要だけど1年間だけの利用になる予定​
​ (工事費用が1年支払いで終わる※その分割引の為実質無料)​
・転用または事業者変更で乗り換える(月額料金500円引きで格安光回線の中では1番お得)

■おてがる光(公式)はこちら


シンプルが1番!GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)
工事費もWi-Fiルーターも全て込みで料金がわかりやすい!



【こんな人に特におすすめ】
・縛りなし/違約金なしがいい​
・IPv6(IPoE)接続対応のWi-Fiルーターを持っていない(無料レンタルあり)​​
・Wi-Fiルーター&IPv6(IPoE)接続込みの月額料金では1番安い
・全て込みの月額料金でわかりやすいプランがいい
・違約金が発生する為乗り換えに迷っている人
→≪12/27まで≫他社の解約違約金40,000円+全員12,000円キャッシュバック

■GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)はこちら



キャンペーン充実!エキサイトMEC光
格安光回線の中で唯一の工事費完全無料!



【こんな人に特におすすめ】
・縛りなし/違約金なしがいい​
・完全に工事費無料がいい
・IPv6(IPoE)接続対応のWi-Fiルーターを持っている
→(もっていなくてもレンタル110円/月または無料プレゼントでもらえる) ​

■エキサイトMEC光(公式)はこちら




ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。


だいふく
お疲れさまでした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事