【ドコモ光】公式ドコモネット徹底解説!他プロバイダとの違いは?

ドコモ光のプロバイダ(インターネットをつなぐ役割)は全部で23社ありますが、
プロバイダは何を基準に選べばいいのかわからない人も多いですよね。

しかも23社も…。

ドコモネットはドコモの公式プロバイダです。

・公式プロバイダのドコモネットって、他のプロバイダと何が違うの?
・そもそもドコモネットって何?ドコモ光とどう違うの?
・ドコモネットならではの特徴は?
・メリットやデメリット、評判は?
・公式だからとりあえず選んでおけば安心?
・ドコモネットが他のプロバイダと何がどう違うのわからない。

そんな人向けにドコモネットについて徹底的に解説します!



ドコモネットはドコモ公式プロバイダ!
★がついているのは他プロバイダにはないドコモネットだけの特徴です。
①★インターネットに関するサポートは、全てまとめてドコモが対応してくれる
②★"ネットワークセキュリティ"を12か月間無料で利用できる
③★"マルウェア不正通信ブロック"機能を無料で利用できる
④★"ネットトータルサポート"を31日間無料で利用できる
⑤★ドコモnetメール(ドメイン:@docomonet.jp)が無料で利用できる
⑥IPv6(IPoE)接続で土日や平日夜の混みあう時間帯でも快適にインターネットが利用できる
⑦dポイント20,000P(転用のみ15,000P)または42,000円キャッシュバック(dポイント2,000P付き)
⑧工事費無料


だいふく
⑦のdポイント20,000Pとキャッシュバック42,000円はどちらか選ぶの?


ネコさや
ドコモネットは申し込み先が複数あって、
申し込み先によってどちらをもらえるか決まってるんだよ


だいふく
まだ決めれないんだけど…それぞれどこで申し込めばいいの?


ネコさや
下記の申し込み先がおすすめだよ
■dポイント20,000P(転用15,000P)がいい→ドコモ光公式
■キャッシュバック42,000円がいい→NNコミュニケーションズ(代理店)から申し込み
※1番の高額キャッシュバック



下記のような方におすすめ
  • ドコモネットについて詳しく知りたい
  • ドコモネットにするか迷っている
  • 他のプロバイダと比べてドコモネットは問題ないのか確認したい
  • プロバイダはどこを選んでいいのかわからない

ドコモネットはこんな人におすすめ

ドコモ光はプロバイダが23社あるので、 どれを選んだらいいのかわからない!という人も多いのではないでしょうか?

基本的には、プロバイダは何を選んでも同じドコモ光の回線を使用する為、回線速度は変わりません。

それでは何が変わるのでしょうか。

プロバイダごとに提供しているサービスが違う為、申し込むプロバイダによって
例えばキャッシュバックやdポイント、Wi-Fiルーター無料レンタルなど受けれるサービスが違います。


選べるのは嬉しいけど、たくさんありすぎですよね…。

ドコモネットは安心感がほしい、一括でまとめてサポートしてほしい人には
ドコモ光の公式プロバイダである"ドコモネット"が1番おすすめ
です。

ネコさや
1つでも当てはまれば、ドコモネットがおすすめです

※各項目をクリックすると詳細説明にとぶことができます。



だいふく
ドコモネットなら、ドコモ光(光回線)もプロバイダも(ドコモネット)両方まとめて
ドコモに直接相談できるのはできるのは嬉しいよね

ネコさや
そこは1番の魅力でもあるよね。
でも他にもおすすめの理由はあるから、ドコモネットがおすすめできる人5点について解説していくね

①ドコモにまとめてサポートしてほしい

光回線もプロバイダも全てドコモだからドコモがまとめてサポート
ドコモネットが他のプロバイダにはない点として、1番のおすすめできるポイントは
「ドコモがまとめてサポート」してくれるところです。


ドコモネットはドコモが提供する公式プロバイダなので、
ドコモの光回線であるドコモ光とあわせて利用すれば、
まとめてドコモがサポートできるというところが非常に心強いです。

ドコモは誰もがしっているブランドで知名度もあり、大手で信頼と安心感がありますよね。
オペレーターのサポート体制や対応、知識も間違いありません。

何度か問い合わせをしたことがあるんですが、
問い合わせをすると専門スタッフが丁寧にわかりやすく都度対応してくれます。

ただ、専門分野が違うと別のサポート部門を案内される為、かけ直すという手間がかかるところがありますが
ちゃんと担当部門の電話番号などを教えてくれるので迷子になることはありません。

サポート体制はしっかりしていますが、利用者も多いです。

その為、サポートがつながりにくいという評判もたまにみかけますが
実際の利用者の満足度は総合ナンバー1なので安心して利用することができそうです。

ネコさや
実際の利用者によるランキングです。
プロバイダの中ではドコモネットが満足度第1位です。
オリコン顧客満足度ランキングはこちら


②通信速度は速いほうがいい

通信速度は速いほうがいい!という人にもドコモネットがおすすめです。
(遅いほうがいいという人はいないかと思いますが…)

インターネットを利用するうえで、通信速度はかなり大事ですよね。

ただ、プロバイダはドコモ光のインターネット回線をつなぐだけの役割なので
どのプロバイダを選んでも、回線自体の速度は変わりません。

それではなぜ速度に違いがでるのでしょうか。

プロバイダごとに違いがでる理由の1つとして
「IPv6(IPoE)接続」に対応しているのか、対応していないのかということが大きく影響
します。

「IPv6(IPoE)接続」とは?

従来の接続方式IPv4 PPPoE接続は、インターネット回線が遅くなることがあるが、 次世代の接続IPv6 IPoE接続であればいつでも快適にインターネットを利用することができる
[IPv6(IPoE)接続]とは、一言でいうとインターネットをいつでも快適に利用できる接続のことです。

プロバイダによっては[IPv6(IPoE)接続]に対応していない場合もありますが、
ドコモネットは対応していて無料で利用できます。


もし[IPv6(IPoE)接続]に対応していないプロバイダを選んだ場合はどうなるのでしょうか。

その場合は、従来の接続方式IPv4 PPPoE接続になります。

従来のIPv4 PPPoE接続でインターネットを利用すると、特にたくさんの人が利用する夜間や土日など、
インターネット回線が混みあってしまい、インターネットの速度が低下してしまいます。

たまにインターネットが遅いという口コミをみます。

インターネットを利用する時の速さは、利用環境によってかなり変わるので、
どこに原因があるのか1つずつ確認をしないといけませんが、
原因の1つとしてIPv6(IPoE)接続にしていない、IPv4 PPPoE接続でインターネットを利用している場合があります。



IPv6(IPoE)接続がおすすめの理由
  • 夜間など混みあう時間でも、いつでも快適にインターネットを利用できる
  • 機器同士をつなげるだけ!接続ID/パスワードの設定は必要なく簡単にインターネットの設定が完了できる
    ※スマホ等をWi-Fiに接続する際にはWi-Fiのパスワード入力は必要です


ネコさや
IPv6接続を利用しないと、サイトや時間帯によってはインターネットが遅くなることがあります


実際の通信速度は?

IPv6(IPoE)接続に対応しているドコモネットを利用していても、
実際の速度は使用しているパソコンやスマートフォンの性能、
利用人数や利用台数、利用場所やWi-Fiルーターの性能など、様々な利用環境により変わります。

でもやっぱり実際の利用者の声は参考になりますよね。

そんな時に確認しておきたいのが「みんなのネット回線速度」です。

みんなのネット回線速度(みんそく)は、速度比較が出来る通信速度測定サイトで、
直近3ヶ月に計測された光回線の測定結果を基に一番速い回線やプロバイダを紹介しています。

速さには環境等が大きく影響する為、一概には言えませんが、
実際の利用者がリアルタイムで速度を計測しているので、とても参考になります。

これを見るとドコモネットの通信速度はドコモ光のプロバイダの中ではナンバー2です。※記事作成時

100Mbpsあれば動画もオンラインゲームも快適に利用できるので、
ドコモネットの実際の利用者の回線速度を見ると、全く速度は問題なさそうですね。

※ランキングと速度は記事作成時のものです。速度等は日々変わります。
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
プロバイダ 利用者の通信速度
【第1位】 Yahoo!BB 316.86Mbps
【第2位】ドコモnet 306.67Mbps
【第3位】GMOとくとくBB 297.22Mbps

参考:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト (minsoku.net)

Yahoo!BBについて
ドコモ光公式の提携プロバイダの紹介ページを見ると、Yahoo!BBは一覧にはありません。
実はドコモ光は月額料金が3タイプあります。
ドコモネットのような"タイプA"と、OCNのような"タイプB"、そしてもう1つ"単独タイプ"があります。
Yahoo!BBのような、ドコモ光公式の提携プロバイダ一覧にはないプロバイダを選択したい場合は、
"単独タイプ"を選択する必要があります。
ただこの"単独タイプ"は、"タイプA"と"タイプB"のように月額料金にプロバイダ料金は含まれていない為、
ドコモ光料金+プロバイダ(Yahoo!BB)と別々で費用が発生し、合計すると高い月額料金になってしまいます。


ネコさや
インターネットが遅くなる原因は利用している環境も影響しますが、
IPv6(IPoE)接続は必須です。


遅くなる理由(これは一例で、遅くなる原因は様々あります)
  • Wi-Fiルーターの性能
  • パソコンの性能
  • 利用している環境(土日、平日夜など)
  • 家庭内での利用場所、利用人数や利用台数  等


③Wi-Fiルータの設定が不安

無線でインターネットを利用する場合はWi-Fiルーターが必要
無線を利用する時に、必ず必要なのが"Wi-Fiルーター"です。

ドコモ光回線が開通したら、Wi-Fiルーターの設定やパソコン、スマートフォンの無線設定が必要です。

設定に不安がある場合は、手厚くサポートしてくれる
ドコモネットの「ネットトータルサポート(550円/月※初回31日間無料)」への加入がおすすめです。

加入しておけば、ドコモ専用オペレーターによる電話サポートはもちろん、
パソコンやスマホの画面を共有して遠隔で確認しながらのサポートや、訪問サポートがあるのでとっても安心です。
(訪問サポートは別途個別利用料金がかかります)


ドコモから設定サポートを受けるには加入が必要
①ネットトータルサポート 550円/月※初回31日間無料

ドコモのサポートを受けるにはネットトータルサポートの加入が必須ですが、初回31日間は無料です。

ドコモ光契約時に申し込んで、インターネットの接続が終わってからすぐに解約すれば、余計な費用はかかりません。

また、事前に加入していた場合でも、ドコモ光の工事完了日から無料期間が適用になりますので、
混みあう時期などで開通がもし1ヵ月以上先になってしまっても、無料期間がすでに終わってしまうということはありません。

もしインターネット接続後にサポートが必要なければ、忘れずに解約しておきましょう。

ネコさや
「ネットトータルサポート」は無料期間中に解約しないと自動更新となります。
有料期間になる為、ご注意ください。


④セキュリティ対策をしっかりしたい

セキュリティ対策をしっかり行いたいという人にもドコモネットはおすすめです。

インターネットを利用していれば、セキュリティ対策ソフトをインストールしていても
パソコンやスマートフォンがウイルスに感染してしまうリスクは誰にでもあります。

ドコモネットでは、ウイルス感染やネット詐欺(偽サイトに誘導され情報を抜き取られる)等から
保護してくれる「ネットワークセキュリティ※12ヵ月無料」と
感染してしまった後に被害を軽減させる「マルウェア不正通信ブロック機能※永年無料」と
2つのセキュリティ対策機能があります。


ドコモネットの2つのセキュリティ対策
①【ウイルスなどの脅威から保護】ネットワークセキュリティ:マカフィー社のセキュリティ対策ソフト※12ヵ月無料(3台まで)
②【感染後の被害軽減】マルウェア不正通信ブロック機能:個人情報が漏洩する危険を軽減させる等※永年無料

マカフィー社のセキュリティ対策ソフト(PCセキュリティ powered by McAfee)であらゆる脅威からパソコンを保護しますが、
もし他のセキュリティ対策ソフトをインストールしている場合は競合してしまい、
正常に動作しない可能性がある為、どちらか一方を利用するのがおすすめです。

万が一マルウェア(悪意のあるソフトウェア)にパソコンやスマホが感染してしまった場合は、
「マルウェア不正通信ブロック機能」で被害を軽減してくれますので
より安心してインターネットを利用することができます。

マルウェアは、メールに添付された偽装ファイルを開きダウンロードさせることで感染します。

また、本物に似せた偽のWebサイトに誘導し、サイトを表示させることで感染させる事例などたくさんあります。

誰にでも感染する危険がありますので、セキュリティ対策はもちろん、
日頃から感染するかもしれないという心構えが大切になってきます。


パソコンをマルウェアに感染させない為の予防策
①セキュリティ対策ソフトをインストールする
②Windowsアップデートやソフトは常に最新にする
③身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない
④怪しいWebサイトにアクセスしない
⑤ソフトは信頼できるサイトからダウンロードする
⑥常日頃から、感染するかもしれない。という意識をもつ

もしマルウェアに感染してしまっても「マルウェア不正通信ブロック機能」で
情報漏洩などの危険を軽減してくれますが、全ての脅威から守るわけではありません。


ネコさや
感染してしまったら、すぐにインターネットから切断しましょう。
パソコンを初期化するのが1番確実に駆除できます。
データは全て消えてしまいますので、日頃からデータのバックアップは行っておくと安心です。





「マルウェア不正通信ブロック機能」については、申し込み不要で永年無料で利用できますが
「ネットワークセキュリティ(マカフィー社のセキュリティ対策ソフト)」については別途加入が必要です。(12ヵ月無料※月額385円)

⑤二重で請求されるのが嫌

ドコモ光の月額料金は、プロバイダ込みの料金の為、
基本的には費用は一括してドコモから請求されます。

ただ、ドコモネット以外のプロバイダで有料オプションを利用する場合は、
有料オプション分のみはプロバイダからの請求となり、二重で請求される場合があります。
(支払い日もプロバイダによる)

ドコモネットの場合は、全てまとめてドコモが対応しているため、請求も一カ所のみです。



「ぷらら」について
2022年7月より、ぷららを提供するNTTぷららは、NTTドコモと提携しましたが、
もしプロバイダをぷららにした場合でも、対応はドコモとは別会社のぷららが行います。
そのため、全てまとめてドコモが対応するのは"ドコモネット"だけです。


ネコさや
ドコモネットがおすすめな人に当てはまりましたか?
ドコモネットをもう少し詳しく知りたい!という人向けに詳細を解説してきますので、
最後までご覧ください。

  
 \光回線もプロバイダもドコモがまとめてサポート/

 


\キャッシュバック派はこちら/
■キャッシュバック42,000円がいい→NNコミュニケーションズ(代理店)から申し込み
※申し込み先の中で1番の高額キャッシュバックで1番お得です

 

ドコモネットとは

ドコモネットはドコモの公式プロバイダ(インターネットをつなげる役割)です

ドコモネットとは、ドコモが提供しているプロバイダで、ドコモ光のプロバイダとして選択することができます。

例えばソフトバンク光の場合は、プロバイダは"Yahoo!BB"、
ビッグローブ光の場合はビッグローブだけしなく、他のプロバイダを選択すること自体ができません。

ドコモ光は公式プロバイダであるドコモネットや、GMOとくとくBBなどの他社プロバイダ含め、
全部で23社のプロバイダと提携している為、好きなプロバイダを選ぶことができます。

こんなにプロバイダを選べるのは、ドコモ光ぐらいです。


ドコモ光とドコモネットの違い

ドコモ光とドコモネットの違い

"ドコモ光"とドコモネット"の違いはなんでしょうか。

2つとも"ドコモ"と名称についているので、違いがわかりにくいですよね。

名前に"ドコモ"とついているとおり、2つともドコモが提供していますが役割はそれぞれ違います。

"ドコモ光"は、フレッツ光(NTTが提供する光回線のサービス名)回線をそのまま使用し、
ドコモ独自のサービスをつけて提供するプロバイダ一体型のインターネットサービス名のことです。

"ドコモネット"は、ドコモが提供しているプロバイダの為、
名称は似ていますが、それぞれ違うことを指します。


ドコモ光とドコモネットの違いとは?
【ドコモ光】フレッツ光回線にドコモ独自のサービスをつけたプロバイダ一体型インターネットサービス名
【ドコモネット】ドコモが提供するプロバイダ名

それでは具体的に、ドコモネットについて詳しく一緒にみていきましょう^^



ドコモネットについて

ドコモネットがおすすめできる人について、こちらで解説しましたが、
ドコモネットの評判や月額料金、Wi-Fiルーター、デメリットなどしっかり確認をしておきたいですよね。

事前にしっかり確認をして、疑問や不安をなくしていきましょう。


ドコモネットについて解説


①Wi-Fiルーターの無料レンタルについて

無線を利用する時に、必ず必要なのが"Wi-Fiルーター"ですが、
ドコモネットはWi-Fiルーターの無料レンタルはあるのでしょうか。

残念ながらドコモネットにWi-Fiルーターの無料レンタルはありません。

それでは無線を利用したい場合、どのような方法で利用すればいいのでしょうか。

無線を利用する方法

プロバイダをドコモネットにした場合で、無線を利用する方法は以下の2つの方法があります。

ドコモネットで無線を利用するには2つの方法がある


1つ目は「"無線LANカード"をレンタルする」、
2つ目は「市販のWi-Fiルーターを購入する」方法です。

無線LANカードをレンタルする場合は、毎月の月額料金が発生、
市販のWi-Fiルーターを購入する場合は、最初だけ購入費用が発生します。

いずれの方法も別途費用がかかってしまいますが、
費用面だけで考えると、1年以上ドコモ光(ドコモネット)を利用するのであれば、
市販のWi-Fiルーターの購入がおすすめです。

ただ、費用面以外の利用からでも"無線LANカード"のレンタルはあまりおすすめできません。

市販のWi-Fiルーターを購入することをおすすめします。

無線LANカードレンタルの場合のメリット/デメリット

無線LANカードをレンタルする場合は、第一のデメリットとして、
手元に届くまで機器の性能がわからないという点が大きいです。

無線LANカードレンタル時のメリット
①インターネット開通時には、無料でドコモから電話サポートが受けれる
②1年以内の利用であれば安い(ただしドコモ光の縛りは2年の為、違約金が別途発生)


無線LANカードレンタル時のデメリット
①西日本エリアの場合はドコモ光電話の契約が必要(電話基本料金550円が別途発生)
②HGW(ホームゲートウェイ)の性能が手元に届くまでわからない
③契約途中で東日本⇔西日本に引っ越す場合、場所によってはHGW(ホームゲートウェイ)や無線LANカードが変わる可能性がある


市販のWi-Fiルーター購入時のメリット/デメリット

市販のWi-Fiルーターは、購入するほうがメリットが大きく断然おすすめです。

市販のWi-Fiルーター購入時のメリット
①性能をあらかじめ確認したうえで購入できる
②一度購入してしまえば、他の光回線でも利用できる


市販のWi-Fiルーター購入時のデメリット
①最初だけお金がかかる
②IPv6接続に対応しているWi-Fiルーターを選ぶ必要がある
③他社のWi-FIルーターのメーカーの場合、ドコモからのサポートを受けられない
※ネットトータルサポート(550円/月※初回31日間無料)に加入すれば受けられます


\IPv6接続に対応!購入する場合は下記のWi-Fiルーターがおすすめ/



ネコさや
Wi-Fiルーターが無料レンタルできるプロバイダがいい!という人は
高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるGMOとくとくBBがおすすめです。
訪問サポートも初回無料です。


高性能Wi-Fiルーターが永年無料(GMOとくとくBB)
さらに代理店から申し込めばキャッシュバック42,000円がもらえます!


【お得な特典】
・42,000円のキャッシュバックが最短1か月後にもらえる(新規/転用/事業者変更)​
・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル​
・訪問サポート初回無料
・セキュリティソフト12カ月無料(3台)​
・工事費無料
・IPv6(IPoE)接続で土日や平日夜の混みあう時間帯でも快適にインターネットが利用できる
・dポイント2,000P
※代理店申し込みでプロバイダを「GMOとくとくBB」に選択した場合 ​ ​



②利用できるエリアについて

ドコモ光は、NTTフレッツ光の回線を使用している[光コラボレーション]の為、
NTT東西フレッツ光が利用できるエリアであれば、ドコモ光(プロバイダ:ドコモネット)も利用可能です。

フレッツ光は日本国内ではほとんどの地域で利用可能ですが、一部では利用できない場所がありますので
利用できるエリアか事前にご確認ください。

【NTT東日本エリア】利用できるかここから確認する
【NTT西日本エリア】 利用できるかここから確認する

③評判について

評判については、実際の利用者の満足度がNo.1(オリコン顧客満足度調査)という実績があります。

大手のドコモなので信頼があり、サポート対応もやっぱりしっかりしています。

実際にドコモネットについてわからないことがあったので
(記事を作成するにあたり、わからないことがあればきっちり調べて書いてます)、
ドコモサポートに何度か電話をして聞いてみたんですが、どのオペレーターもとても丁寧で優しく対応してくれました。

1点注意点ですが、速度が遅い口コミをみて"評判が悪い"という判断をしてしまう方がいます。

"通信速度は速いほうがいい"でも解説しましたが、速さは利用者の環境に影響することが多い為、
速度が遅いという口コミが多い=評判が悪いということにはなりません。

評判というのは、サポート対応やプランのわかりやすさ、セキュリティ対策など全てを比較したうえで、
決めるものなのかなと思います。

実際の利用者の満足度はドコモネットがNo.1(手続き/サポート対応など)

このランキング調査は、実際の利用者に速さに関する項目だけではなく、開通手続きやサポートサービスなど、
あらゆる項目について調査した総合結果なので、とてもリアルで参考になります!

引用:おすすめのプロバイダ 広域企業ランキング

④キャンペーンについて

ドコモ光(プロバイダ:ドコモネット)を申し込む場合、申し込み先は公式からになりますが、
公式Webサイトからだとdポイントが多くもらえるキャンペーンを開催しています!(電話での申し込みは10,000P)

もしわからないことがあれば電話で聞いて、申し込みはWebサイトから行ったほうがお得ですね^^

【Web公式サイトのみ特典】キャンペーン内容
  • ①【dポイントが多めにもらえる】
    通常はdポイント10,000ポイントのところ、さらに10,000P追加で計20,000ポイントもらえる
    (転用のみ15,000ポイント)
  • ②新規工事料無料

だいふく
ドコモが提供しているなら1番信頼ができるし、ドコモネットにする!とすでに決めた方は 下記のリンクから 申し込みできます!まずは相談したい!場合でも下記から相談できます^^
※他webサイトや電話の場合、もらえるdポイントが10,000Pになってしまうので、 必ず下記サイトからフォームに入力してお申し込みください(相談含む)



⑤料金について

ドコモ光(プロバイダ:ドコモネット)の料金は、ドコモが全てまとめて提供している為、下記の料金以外はかかりません。
(ドコモ光電話等のオプションは除く)

※1ギガプランの場合
※税込み表示

月額料金
戸建てタイプ 5,720円
マンションタイプ 4,400円

他プロバイダではプロバイダ独自のオプション料のみ、ドコモからではなくプロバイダから請求されるということも
ありますが、ドコモネットの場合は一括してドコモから請求があり、もし不明な料金があれば
ドコモでまとめて対応してくれます。

たまによくわからない料金が引き落とされている場合がありますよね。

最初は無料オプションで、1年後に有料オプションになることは結構あり、プロバイダかドコモか
どちらに聞けばいいのかわからない時がありますよね。

ドコモの場合はまとめてドコモに確認することができます。

⑥メリット/デメリット

どんなものでも、メリットとデメリットはありますので、こちらも事前に確認をしておきましょう^^

メリット
  • ①新規工事費用が無料
  • ②「ドコモ光」「ドコモネット」と問い合わせ先が一緒でまとめて管理・支払い・解決できる
  • ③月額料金が最初からずっと同じで管理しやすい(途中で上がらない)
  • ④Wi-Fiルーターの設定は電話または訪問サポートが利用できる(31日間無料)
  • ⑤ネットワークセキュリティ(12ヵ月無料)で、他セキュリティ対策ソフトは不要
    ※PCセキュリティは、パソコン3台までインストール可能
  • ⑥IPv4 over IPv6通信でインターネットが高速で安定して利用できる
  • ⑦とにかく信頼できる
  • ⑧dポイントのもらい忘れがない(申し込んだ時点で後日自動付与)

デメリット
  • ①2年以内または契約満了月の当月・翌月・翌々月以外に解約した場合は、違約金が発生する
    (他プロバイダも同様)※5,500円(戸建て) 4,180円(マンション)

ネコさや
"工事費実質無料"(月額料金から分割して割り引いていく)光回線の場合は、もし途中解約した場合は、工事費残債分の費用が請求される可能性があります。
その点ドコモ光は無料なので、途中解約しても請求はありません。

ネットワークセキュリティって何?

ネットワークセキュリティは、あらゆるセキュリティ脅威から守ります。

①PCセキュリティ→マカフィーが提供するセキュリティ対策ソフトで、3台のPCにインストール可能

引用:ネットワークセキュリティ | サービス・機能 | NTTドコモ (nttdocomo.co.jp)

よくある質問

Q1.ahamoを利用している場合でも、ドコモ光のセット割はある?

A1.ドコモ光には、ahamoのセット割はありません。

ahamoはenひかりを利用した場合、回線料金より月額110円が割引されます。
(スマホ料金からではなく回線料金から割引)

ただ、割引金額が少額なので、ビッグローブ光がおすすめです。

詳しくは下記の記事をご確認ください。


Q2.ドコモネットに申し込む場合は、キャッシュバックはある?

A2.ドコモネットに申し込む場合の特典として、キャッシュバックはありません。
もらえる特典は以下の7点です。

①dポイント20,000P(転用のみ15,000P)
②工事費無料
③ネットワークセキュリティ12か月間無料
④マルウェア不正通信ブロック機能が永年無料
⑤ネットトータルサポート31日間無料
⑥ドコモnetメール(ドメイン:@docomonet.jp)が利用できる
⑦IPv6(IPoE)接続無料

キャッシュバックがほしい場合は、NNコミュニケーションズ(代理店)が1番高額の42,000円もらえますので、
支払う合計金額も実質は1番お得になります。

プロバイダは23社から選べるのでドコモネットも選択できますが、
その場合のドコモネットの特典は下記の5点になりますのでご注意ください。

①工事費無料
②ネットワークセキュリティ12か月間無料
③ドコモnetメール(ドメイン:@docomonet.jp)が利用できる
④IPv6(IPoE)接続無料
⑤dポイント2,000P ※プラスして代理店特典キャッシュバック42,000円がもらえます。(戸建て/マンション)



まとめ

ドコモネットについて徹底解説しました。

ドコモ光のプロバイダは23社あるので、本当にどこがいいのかわからなくなりますよね…。

公式プロバイダである"ドコモネット"は信頼度の面ではトップです。

ドコモネットの場合はdポイント20,000ポイントですが、もし現金でキャッシュバックがほしい!という方がいれば、
高額42,000円のキャッシュバックが最短1か月後にもらえる!
NNコミュニケーションズ(代理店)ドコモ光がおすすめです。(dポイントも2,000Pもらえる)

ネコさや
公式プロバイダ、ドコモネットは下記の公式Webサイトから申し込むのが1番お得になります!

他プロバイダの特徴も知って比較したい!という方は下記の記事もご確認ください


だいふく
最後まで見てくれてありがとね^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事