ahamo光とドコモ光との違いを比較!ahamoにおすすめの光回線は?

 

当サイトにはプロモーションが含まれています。
常にユーザー目線で徹底的に比較・調査をして本当に皆様におすすめできるものを紹介していますので記事の内容や紹介しているものには影響しません。

 

「ahamo光とドコモ光の違い​がわからない」
「ahamoユーザーはahamo光のほうが安いのか?」
「ahamoユーザーがドコモ光のままだとどうなる?」

ahamo光もドコモ光もドコモがまとめて提供している光回線なので、違いがわからないという方も多いですよね。

こんなお悩みをもつ人向けに、ahamo(アハモ)光とドコモ光の違いahamoユーザーにとって本当におすすめの光回線について解説していきます。

ahamoユーザーがお得に利用できるのは「ahamo光」なのか「ドコモ光」なのか詳しく見ていきましょう。

 

ネコさや

ahamoに光セット割はなく割引は一切ありません。
「みんなドコモ割」のカウントのみ対象です。
※みんなドコモ割とは同一「ファミリー割引」グループ内で3回線以上ある場合にeximoが1,100円引き(2回線のみは550円引き)

 

 

この記事はこんなお悩みを解決します
・ahamo光とドコモ光の違い​がわからない
・ahamoユーザーは結局どの光回線がおすすめ?
・ahamo光は本当に安い?
・ドコモ光からahamo光に乗り換える時の注意点は?

 

 

 

【申し込みはお早めに】これから開通工事が混みあいます!
これからの時期は引っ越しや新生活シーズンの繁忙期でインターネット回線の申し込みがかなり増える時期です。
通常は2週間程度で開通工事が行えますが、繁忙期は1ヵ月~2ヵ月程度かかる場合も…。
スムーズにインターネットが利用できるように、早めに申し込んで工事日を抑えておくことをおすすめします。
≪マンションに引っ越しを予定している方向け≫
「光回線の工事ができない」「インターネットをすぐに使いたい!」という場合はキャッシュバック20,000円がもらえるホームルーターとくとくBBホームWi-Fi がおすすめです。

 

ネコさや

マンションで光回線を利用する場合は「光配線方式/LAN配線方式/VDSL方式」と3つの接続方式があり、速度がそれぞれ違います。詳しくは下記のブログをご覧ください。

 

ahamo光とドコモ光どっちがお得?


ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックは最大51,000円

 

ahamoユーザーにとってahamo光とドコモ光のどっちがお得なのか、結論から言うと「ドコモ光のほうがお得」です。

ahamo光は月額料金が安くドコモ光は高いんですが、キャッシュバック金額を含めた実質金額はドコモ光のほうがお得になります。

ドコモ光はWi-Fiルーターや訪問サポート(初回無料)など全て込みで月額料金以外にかかりません。

ahamoに光セット割はありませんが、irumo(0.5GBを除く)またはeximoを利用中の場合は1回線のスマホ料金が最大1,100円、20回線まで割引されるためドコモ光のほうが実質月額料金もさらに安くなります。

 

ネコさや

ahamo光でWi-Fiルーターをレンタルする場合はさらに追加で月額料金がかかります。(110円~)ドコモ光は無料です。

 

※全て税込価格
※ドコモ光はプロバイダ「GMOとくとくBB」の場合
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
ahamo光 ドコモ光
戸建て マンション 戸建て マンション
月額料金 4,950円 3,630円 5,720円 4,400円
特典 dポイント10,000pt dポイント10,000pt 38,000円CB 38,000円CB
実質金額(1年間) 49,400円 33,560円 30,640円 14,800円

 

 

ドコモ光×GMOとくとくBBが1番お得!
オプション不要で全員38,000円キャッシュバックがもらえる! 【特別キャンペーン内容】
①工事費無料
②全員に10,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員38,000円に増額中
③10ギガ申込で全員に30,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員51,000円に増額中
④他社サービス乗り換えでさらに15,000円キャッシュバック
⑤dポイント最大17,000pt
⑥モバイルWi-Fiルーター3ヵ月無料
⑦セキュリティ対策ソフト12カ月無料
⑧訪問サポート初回無料

ドコモ光×GMOとくとくBBの公式限定サイトをみる
 
 \当サイト限定で増額中!全員に38,000円キャッシュバック/

 

 

ネコさや

ドコモ光×GMOとくとくBBはインターネット安心セキュリティ(セキュリティ対策)が1年間無料でお得です!(3台まで)

 

ahamo光とは


ahamo光は全てドコモが一括して提供している

 

ahamo光とはahamoユーザー向けにドコモが提供しているインターネット回線サービスのことです。

利用している回線はNTT東西が提供しているフレッツ光回線、プロバイダはドコモが自社提供しているOCNインターネットの「プロバイダ一体型の光回線」です。

インターネットを利用するにはインターネット回線とプロバイダの2つが必要ですが、ahamo光は全てドコモが一括して提供しているので私たちはドコモとの契約だけでahamo光を利用することができます。

インターネット回線提供者やプロバイダが別会社だと「どちらに聞いていいかわからない」なんてことがありますが、請求元やサポート窓口はドコモ一カ所のみです。

ドコモという安心ブランドがまとめて一括で管理しているという点が大きいメリットになっているというわけですね。

 

ネコさや

NTT東西のフレッツ光ネクストなどは回線とプロバイダは別契約となるため料金も管理も2重に発生しますが、ahamo光もドコモ光もまとめてドコモが提供しています。

 

ahamo光とドコモ光の違いは?


ahamo光とドコモ光の違いは回線は同じだがプロバイダが違う

 

ahamo光とドコモ光は両方とも同じNTTフレッツ光回線を利用しているNTT回線系「光コラボ」のため、回線自体の最大速度や利用エリア(ほぼ全国)、データ容量無制限、品質は全て同じです。

一度にあまりにもたくさんの容量を使わない限り、容量超過時​の通信速度の制御もありません。

ただ回線は同じでもプロバイダが違ったり独自のサービスの違いがそれぞれあります。

ドコモ光とahamo光はどう違うのか?
それぞれのメリットやデメリットは?
ドコモ光からahamo光に乗り換えるべきなのか?

ここからはさらに詳しくahamo光とドコモ光を比較しながら違いを見ていきましょう。

 

ネコさや

NTTのフレッツ光回線を借りて私たちに提供している光回線のことを光コラボ、光コラボを提供している事業者を光コラボ事業者と呼びます。

 

 

【比較】ahamo光とドコモ光を19項目で比較


ahamo光とドコモ光はNTT東西フレッツ光回線を利用しているため回線自体の違いはありませんが、その他に違う部分がたくさんあります。

ahamo光の最大のメリットは、なんといっても格安の月額料金です。

スマホセット割などの割引は一切ありませんが、その分月額料金が安くシンプルな料金プランです。

…と、言いたいところですが縛りや違約金、Wi-Fiルーターのレンタル料が有料など、月額料金以外にかかる費用があるのでahamo光にはデメリットがいくつかあります。

反対にドコモ光は元々の月額料金が高めですが、ドコモのスマホセット割(ahamoは対象外)やWi-Fiルーターのレンタル料無料、キャンペーン内容が盛りだくさんなど、実質金額ではかなりお得になります。

ahamo光もドコモ光もメリットとデメリットがそれぞれありますが、大きな違いは「IPv6接続(v6プラスとOCNバーチャルコネクト、)」「Wi-Fiルーター」「PPPoE接続」など全部で8点あります。

この8点の違いについて詳しく見ていきましょう。

 

※クリックするとその項目まで飛ぶことが出来ます。

 

ネコさや

ahamo光もドコモ光もメリットとデメリットがそれぞれありますので違いについて詳しく見ていきましょう。

 

※全て税込価格
※ドコモ光はプロバイダGMOとくとくBBの場合
※実際の平均速度/Ping値は記事作成時のみんそくの平均速度
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
光回線 ahamo光 ドコモ光
月額料金 戸建て 4,950円 5,720円
マンション 3,630円 4,400円
工事費 戸建て 22,000円※無料 22,000円※無料
マンション 22,000円※無料 22,000円※無料
事務手数料 3,300円 3,300円
スマホセット割/月 なし 最大1,100円引き
プロバイダ OCNインターネット GMOとくとくBB
※計21社から選択可能
縛り 2年 2年
違約金 月額料金1ヵ月分 戸建て:5,500円
マンション:4,180円
IPv6接続 無料(OCNバーチャルコネクト) 無料(v6プラス)
Wi-Fiルーター 東日本:330円/月​
西日本:110円月​
無料
PPPoE接続 できない できる
実際の平均速度/Ping値 DL:302.06Mbps
UL:274.34Mbps​
Ping値:17.51ms​​
DL:257.13Mbps ​
UL:258.44Mbps​
Ping値:18.99ms
支払い方法 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード
サポート オンライン解決 LINE/メール/電話
オプション ドコモ光と同じ​ ひかり電話/ひかりテレビなど​​
メールアドレス なし 1つ無料​
申し込み方法 オンラインのみ​
※店頭サポートは2,200円​​​
オンライン/電話​​
キャンペーン・特典 ①工事費無料​​​
②dポイント10,000P(4ヵ月後)​​​
③マルウェア不正通信ブロックサービス
​​​​
①工事費無料​​​​
②dポイント2000ポイント​​​​
③10ギガプラン申し込みでdポイント17,000ポイント​​​​
10,000円38,000円キャッシュバック※当チャンネル限定特典​​​​
③10ギガ申込で全員に30,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員51,000円に増額中
④他社サービス乗り換えでさらに15,000円キャッシュバック
⑤dポイント最大17,000pt
⑥モバイルWi-Fiルーター3ヵ月無料
⑦セキュリティ対策ソフト12カ月無料
⑧訪問サポート初回無料

 

ネコさや

「他の光コラボとも比較したい!」という方は下記の記事で徹底解説していますのでぜひご覧ください。

 

大きな違い①月額料金


ahamo光とドコモ光の月額料金は違う。ahamo光はドコモ光より月額770円安い

 

ahamo光とドコモ光の違い1つめは「月額料金」の違いです。

ahamo光の戸建ては4,950円、マンションは3,630円でドコモ光より770円安く年間金額にすると9,240円の差がでます。

回線最大速度は1ギガ、または10ギガから選ぶことができますが、ahamo光の場合は10ギガは今後提供予定とのことです。

YouTubeやwebサイトの閲覧、オンライン会議など、通常のインターネット利用などほとんどの場合では1ギガで十分でしょう。

 

※全て税込価格
※ドコモ光はプロバイダ「GMOとくとくBB(タイプA)」の場合
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
光回線 月額料金1ギガ(2年縛り) 月額料金1ギガ(縛りなし) 月額料金10ギガ
戸建て マンション 戸建て マンション 戸建て マンション
ahamo光 4,950円 3,630円 6,600円 4,730円 5,610円 5,610円
ドコモ光 5,720円 4,400円 7,370円 5,500円 6,380円 6,380円

 

ネコさや

ドコモ光は10ギガプランもありますが、ahamo光は1ギガプランしかありません。→2024年3月より10ギガプランの提供が開始されるようです。

 

ドコモ光の月額料金は3種類ある


ドコモ光の月額料金はタイプAとタイプBと単独タイプの3種類

 

ドコモ光の月額料金はタイプA、タイプB、単独タイプと3種類あり、それぞれ料金が違います。

タイプAの月額料金が1番安く、タイプBは+220円、単独タイプはプロバイダなしの料金のため、追加でプロバイダ料金が別途かかります。

たとえばYahoo!BBのような、ドコモ光公式の提携プロバイダ一覧にはないプロバイダを選択したい場合は、"単独タイプ"を選択する必要があります。

単独タイプはドコモ光の月額料金にプロバイダ料金は含まれていないため、ドコモ光料金+プロバイダ(例:Yahoo!BB)と別々で費用が発生し、合計すると高い月額料金になってしまいます。

また、タイプBのほうがタイプAより月額料金が220円(税込)高いので、何かプラスでサービスや品質、速度等あるんじゃないのか?と思う方もいますよね。

実はタイプAとタイプBの違いは全くなく、タイプBのプロバイダが220円高いのはプロバイダ側の都合で高くしているだけだと推測されます。

プロバイダによって特典は違いますが、タイプBよりタイプAのほうが特典がいいプロバイダもたくさんあるため、こだわりがない場合はタイプAのプロバイダを選択するほうがお得です。

 

※全て税込価格
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
タイプ 月額料金 プロバイダ
戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,400円 とくとくBBなど16社
タイプB 5,940円 4,620円 アサヒネットなど5社
単独タイプ 5,500円 4,180円 +プロバイダ料金

 

だいふく

プロバイダが21社から選べるって…選択肢多すぎじゃない?泣

ネコさや

ほんとうにそうだよね。迷うのが普通だよ…

 

大きな違い②プロバイダ


ahamo光はプロバイダを変更できないがドコモ光は21社のプロバイダから選ぶことができる

 

ahamo光とドコモ光の違い2つめは「プロバイダ」の違いです。

ahamo光のプロバイダは7/1から新しく提供されたドコモの自社のプロバイダ「OCNインターネット」、ドコモ光は21社から好きなプロバイダを選べるプロバイダ一体型光回線です。

ドコモ光は途中でプロバイダを変更することはできますが、ahamo光は変更することはできません。

 

ドコモ光のプロバイダは21社から選べる


ドコモ光のプロバイダは21社から選べる

ドコモ光のプロバイダは21社から選べますが、プロバイダによって月額料金やサービス、通信速度などに違いがあるため、これだけあるとどれがいいのかわからない方も多いですよね。

プロバイダによって提供しているサービスが変わってくるので、どのプロバイダにするのかは非常に重要です。

「プロバイダだけで21社あるし比較するにはちょっと無理…」という人も多いのではないでしょうか。

仕事柄、徹底的に比較をすることを身につけた私が、キャッシュバック金額や受け取り時期、申請方法などの特典はもちろん、Wi-Fiルーターの性能など徹底比較をしました。

その結果、ずばり1番お得なドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

 

 

ネコさや

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックがあり、Wi-Fiルーターも無料なので自前で用意するものはなくシンプルに利用できます。

 

 

ドコモ光×GMOとくとくBBが1番お得!
オプション不要で全員38,000円キャッシュバックがもらえる! 【特別キャンペーン内容】
①工事費無料
②全員に10,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員38,000円に増額中
③10ギガ申込で全員に30,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員51,000円に増額中
④他社サービス乗り換えでさらに15,000円キャッシュバック
⑤dポイント最大17,000pt
⑥モバイルWi-Fiルーター3ヵ月無料
⑦セキュリティ対策ソフト12カ月無料
⑧訪問サポート初回無料

ドコモ光×GMOとくとくBBの公式限定サイトをみる
 
 \当サイト限定で増額中!全員に38,000円キャッシュバック/

 

ネコさや

プロバイダによってサービスが違うため、人によっては「このプロバイダがいい!」という場合があります。
プロバイダの詳細な比較は下記の記事をご覧ください。

 

大きな違い③スマホセット割


 

ahamo光とドコモ光の違い3つめは「スマホセット割」の違いです。

ahamo光はスマホセット割はありませんが、ドコモ光はドコモのスマホとセットで利用することでスマホの月額料金から最大1,100円が割引されます。

割引対象は結構幅広く、一緒に住んでいる家族はもちろん、離れて暮らしている三親等以内の家族であれば最大20回線まで割引対象なので、家族にドコモユーザーがいればいるほどお得になります。

 

ドコモ光セット割の対象のスマホは?

ドコモ光セット割は「ドコモ光」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の下記のスマホが対象です。
詳しくはこちらのドコモ光セット割をご覧ください。

・「eximo」
・「irumo(0.5GBを除く)」
・「5Gギガホ プレミア」
・「5Gギガホ」
・「5Gギガライト(1GB超)」
・「ギガホ プレミア」
・「ギガホ」
・「ギガライト(1GB超)」

 

ネコさや

ahamo光にスマホセット割はありませんが、ドコモ光はirumoとeximoをはじめドコモのスマホの月額料金が安くなるスマホセット割が適用されます。

 

ahamoは「みんなドコモ割」のカウントのみですが、irumoやeximoは他にも割引がいっぱいあります。(割引前提の月額料金ともいえますが…)

 

※全て税込
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
※1 みんなドコモ割は同一「ファミリー割引」グループ内で3回線以上ある場合の割引額(2回線のみは550円引き)
ahamo irumo eximo
20GB 0.5GB 3GB 6GB 9GB 1GB 3GB 無制限
月額料金 2,970円 550円 2,167円 2,827円 3,377円 4,565円 5,665円 7,315円
ahamo光セット割 - - - - - - - -
ドコモ光セット割 - - ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円
dカードお支払割 - - ▲187円 ▲187円 ▲187円 ▲187円 ▲187円 ▲187円
みんなドコモ割※1 カウント - カウント カウント カウント ▲1,100円 ▲1,100円 ▲1,100円
割引後の月額料金 2,970円 550円 880円 1,540円 2,090円 2,178円 3,278円 4,928円

 

ネコさや

実はahamoには光セット割があるんです!(公式ではないですが…)
詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

大きな違い④Wi-Fiルーター


 

ahamo光とドコモ光の違い4つめは「Wi-Fiルーター」の違いです。

ahamo光でWi-Fiルーターをレンタルする場合は有料で330円/月かかりますが、ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)のWi-Fiルーターのレンタルは無料のため月額料金以外に追加でかかる費用は一切ありません。

ドコモ光の場合は嬉しいことに3機種の中から自分が好きな機種を1つ選べるんですが、どれを選んでも最大速度が1733Mbpsの高性能ルーターなんですよ。

反対にahamo光の場合はここが複雑なんですよね。

 

ahamo光で無線を利用する場合はひかり電話の契約がない場合は330円、ひかり電話の契約がある場合は東日本エリアでは月額330円、西日本では110円かかる

 

ひかり電話の契約がない場合は330円、ひかり電話の契約がある場合は東日本エリアでは月額330円、西日本では110円かかります。

ただし西日本でドコモ光電話の契約がない場合は、ドコモではWi-FiルーターはレンタルできないためNTT西日本に別途申し込む必要があります。

ちょっと手間ですよね。

さらにahamo光はどの機種がレンタルできるのか、というところまでは今のところ公開していないため性能にこだわる場合は自前で用意するほうがおすすめです。

ただその場合は、OCNバーチャルコネクトに対応しているルーターが必要です。

 

ネコさや

vOCNバーチャルコネクトに対応しているおすすめのWi-Fi 6ルーターはこちらです。

\v6プラスやOCNバーチャルコネクト、Xpass全てのIPv6サービスに対応!おすすめのWi-Fi 6ルーター/

 

 

ahamo光でWi-Fiルーターをレンタルするには結構複雑…

ahamo光でWi-Fiルーターをレンタルするには下記の4つのパターンがあります。

≪ひかり電話の契約がない場合≫
①東日本:ドコモからレンタルする(330円/月)
②西日本:NTT西日本からレンタルする(330円/月)
≪ひかり電話の契約がある場合≫
③東日本:ドコモからレンタルする(330円/月)※無線LAN機能付きのHGW(ホームゲートウェイ)で無線を利用
④西日本:ドコモからレンタルする(110円/月)※無線LAN機能付きのHGW(ホームゲートウェイ)で無線を利用

※ひかり電話の契約がある場合でも、ドコモからWi-Fiルーターをレンタルすることはできます。

 

ネコさや

ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)で「Wi-FIルーターはどの機種を選んだらいいのかわからない」という方は下記の記事で詳しく解説しています。

 

 
 \ドコモ光でWi-Fiルーターを無料レンタルする/

 

 

大きな違い⑤IPv6接続(v6プラスとOCNバーチャルコネクト)


ahamo光はOCNバーチャルコネクト、ドコモ光×GMOとくとくBBはv6プラス対応Wi-Fiルーターが必要

 

ahamo光とドコモ光の違い5つめは「IPv6接続(v6プラスとOCNバーチャルコネクト)」の違いです。

v6プラス、OCNバーチャルコネクトの2種類の違いはなんでしょうか。

実はどちらもIPv6(IPoE)接続のため、通信品質に差はなくインターネットを快適に利用するという観点では同じです。

技術的な細かい部分での違いはありますが、動画やWebサイト閲覧の目的のみでインターネットを利用している場合は特に違いによる影響はないため、 どちらを選んでも問題ありません。

私たちに影響する部分でみると主な違いは2点です。

 

v6プラス・OCNバーチャルコネクトの主な違いはこの2点

違い①v6プラスなどのサービス名が違う
違い②それぞれ利用できる機器(Wi-Fiルーター/HGW)が違う

 

「サービス名」とはv6プラスやOCNバーチャルコネクトなどの呼び名です。

各光回線のIPv6接続は一般的にはひとくくりにされがちがですが、それぞれ異なる技術が採用されていて各光回線で提供しているIPv6接続サービスはそれぞれ違います。

実はこれらのIPv6接続を提供しているのは各光回線のプロバイダではなく、実際にはVNE(Virtual Network Enabler)と呼ばれる事業者が提供しています。

わたしたちは意識しなくても大丈夫なんですが、 VNE事業者とGMOとくとくBBなどのプロバイダが両者間で契約することにより、 私たちがv6プラスなどのIPv6接続サービスを利用できるようになります。

最近ではほとんどのプロバイダでIPv6接続が利用できますが、 どのVNE事業者とも契約していないプロバイダであればIPv6接続は利用することはできません。

どのVNEと契約するのはプロバイダによって異なりますので、 プロバイダごとにサービス名が違ったり、有料オプションまたは無料だったり価格も変わってきます。

各IPv6接続サービスは技術的な面で細かい違いはありますが、ここでは[サービス名が違う][利用できるWi-Fiルーターが違う]ということだけ理解できていれば大丈夫です。

 

ネコさや

インターネットを快適に利用するという観点ではどのIPv6接続サービスも同じです。

 

※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
※ドコモ光はプロバイダ「GMOとくとくBB」の場合
光回線 IPv6接続サービス名 通信技術
ドコモ光 v6プラス 6プラス
ビッグローブ光 IPv6オプション MAP-E
ahamo光 OCNバーチャルコネクト MAP-E
ASAHIネット v6コネクト DS-Lite/IPIP方式
エキサイトMEC光 transix(トランジックス) DS-Lite
IIJmioひかり transix(トランジックス) DS-Lite
楽天ひかり Xpass(クロスパス) DS-Lite
enひかり v6プラス/transix/Xpass MAP-E/DS-Lite​​
おてがる光 v6プラス MAP-E​​
ソネット光プラス v6プラス MAP-E​​
GMOとくとくBB光 v6プラス MAP-E​​
nifty光 v6プラス MAP-E​​
@TCOMヒカリ v6プラス MAP-E​​
スマート光 v6プラス MAP-E​​
DMM光 v6プラス MAP-E​​
DTI 光 v6プラス※1 MAP-E​​
※1 DTI光は申し込み時期などによりOCNバーチャルコネクトの場合もあります。
詳しくはこちらのご利用プラン/お申し込み時期別VNE早見表をご確認ください。

 

ソフトバンク光だけは他と違う!?

ソフトバンク光が提供しているPv6サービスは「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」です。このIPv6サービスは市販のIPv6 IPoE対応Wi-FiルーターではIPv6 IPoE接続はできません。必ずソフトバンクが提供している白い機器"光BBユニット"が必要です。詳しくはこちらのIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4をご確認ください。

 

ネコさや

「各IPv6接続に対応しているWi-Fiルーターの選び方がわからない」という方はこちらのブログをぜひご覧ください。

 

ネコさや

ほとんどの光回線ではIPv6サービスは選択できませんが、enひかりは3つのIPv6サービス(v6プラス/transix/Xpass)から選ぶことができます。選べる理由と各IPv6サービスの違いは下記の記事で解説しています!

 

大きな違い⑥PPPoE接続


 

ahamo光とドコモ光の違い6つめは「PPPoE接続」の違いです。

 

ネコさや

ここは少し難しい内容になっていまいますが、ほとんどの方の場合は影響ないので参考程度に聞いてもらえれば大丈夫です。

 

ahamo光はPPPoE方式での通信はできませんが、IPoE方式でのみ通信することができます。

ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)はPPPoE方式もIPoE方式もどちらも通信できます。

PPPoE接続とは、NTTのネットワーク網内(NGN)で1対1の直接接続による通信を行う接続方式(PPPoE)を利用してプロバイダ(ISP)と接続し、IPv4/IPv6インターネットに接続すること​です。

NTT東西が提供しているフレッツ回線に接続するにはPPPoEの使用が必要ですが、PPPoE使用時にプロバイダから提供された接続IDとパスワードが必要なのがPPPoEの特徴です。

プロバイダの必要な情報を入力(設定)することで、NTT東西が提供しているフレッツ回線に接続できるということです。

 

ネコさや

PPPoE接続方式はインターネットに接続するために「プロバイダ」の認証が必要です。
車で例えると高速に乗る時の料金所のようなイメージです。
毎回料金所でスピードが減速するため混みあいやすいですよね。

 

 

だいふく

PPPoE接続方式は遅いんならIPoE接続方式だけ通信できればそれでいいんじゃないの?

ネコさや

そのとおり!
ただ、IPoE接続方式だと利用できないサービスがあるの

 

IPoE接続方式では利用できないサービスがある


対戦相手との通信を行う一部オンラインゲームや外出先から防犯カメラをチェックするなど、IPoE接続では利用できないサービスが出てきてしまう可能性がある

 

従来の接続であるPPPoE接続は時間帯などによっては遅くなる場合があるので「安定した速さのIPoE接続だけできればいいんじゃないの?」と思いますよね。

ほとんどの方はそれだけでも問題ありません。

ただ、対戦相手との通信を行う一部オンラインゲームや外出先から防犯カメラをチェックするなど、IPoE接続では利用できないサービスが出てきてしまう可能性があります。

利用できないサービスがある場合、1つの方法として「PPPoE接続」をするという方法があるのでPPPoE接続もできたほうがいい場合もあります。

人気のあるゲーム、フォートナイトやApexなどは問題なく利用できますが、心配な場合は一度ご自身が利用しているサービスをご確認ください。

PPPoE接続をすると時間帯などによっては回線速度が遅くなる場合があるので、通常時での利用はおすすめしません。

YouTubeをみたりwebサイトの閲覧など、ほどんどの場合ではIPoE接続の利用のみでも影響はないため、ここはあまり気にしなくても大丈夫です。

 

ネコさや

ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)はPPPoE接続とIPoE接続は併用ができるので使い分けをすることも可能です。ただGMOサポートは「併用する」方法は推奨はしておらずサポート対象外となりますので自己責任でご利用ください。

 

ネコさや

PPPoE接続やIPoE接続についてもっと詳しく知りたいという方はこちらのブログで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

 

 
 \ドコモ光ならPPPoE接続もIPoE接続もできる/

 

 

大きな違い⑦実際の平均速度/Ping値


ahamo光とドコモ光の違い7つめは「実際の平均速度/Ping値」の違いです。

ahamo光とドコモ光はどちらが速いのか、みんそくという実際の利用者がリアルタイムで速度を計っていてるサイトを見てみましょう。

ドコモ光の場合は下り(ダウンロード)が257.13Mbpsで光回線速度ランキングは58番中40位、ahamo光の場合は下りが302.06Mbpsで58番中33位の速度です。

下り(ダウンロード)の速さが実測値で100Mbps以上あれば、オンラインゲームも動画もストレスなく楽しめるため問題ない数値ですよね。

みんそくは実際の利用者の3ヵ月の平均速度を見ることができるのでとても参考になります。

特にダウンロードの数値はwebサイトやYouTubeの閲覧、オンラインゲーム、メールの受信、アプリのインストールなどに影響するため、とても大事で数値が大きいほど速度が速いです。

また、オンラインゲームをする人の場合に重要となるのがPing値です。

Ping値は操作をしてからのタイムラグの数値で、数値が小さいほどタイムラグが発生しにくく応答速度が速くなります。

ahamo光もドコモ光も速度に関しては問題なさそうですが、あくまで数値は回線の影響だけではなく、プロバイダや利用者の環境、利用しているデバイスなどに影響しますので参考程度にご覧ください。

 

ahamo光の通信速度レポートをみる
ドコモ光のプロバイダ速度ランキングをみる

 

 

※全て税込価格
※実際の平均速度/Ping値は記事作成時のみんそくの平均速度
※ドコモ光はプロバイダGMOとくとくBBの場合
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
下り 上り Ping値
ahamo光 302.06Mbps 274.34Mbps 17.51ms
ドコモ光 257.13Mbps 258.44Mbps 18.99ms

 

ネコさや

速度は回線やプロバイダ以外にも利用者の環境なども影響しますので、一概にはこのプロバイダが速いとは言い切ることはできません。あくまで参考程度です。

 

用語がわからない!

●上り(UL)=SNS、YouTubeへ動画や写真を投稿する、メールを送信する、ファイルを共有する、オンライン会議をする(映像の送信)等
●下り(DL)=WebサイトやSNS、YouTubeを閲覧する、オンラインゲームをする、メールを受信する、アプリをインストールする、 動画や画像などのデータをダウンロードする等※下りの速さが最も重要!
●Mbps(メガビーピーエス)=1秒間にデータを送受信できる容量を表す単位。数値が大きいほど速い
●Ping値=操作をしてからのタイムラグ。数値が小さいほど速い

 

ネコさや

「オンラインゲームをもっと高速で楽しみたい!」という方にはドコモ光10ギガが最速です

 

大きな違い⑧キャンペーン・特典


ahamo光のキャンペーン・特典よりドコモ光の特典のほうが豪華

 

ahamo光とドコモ光の違い8つめは「キャンペーン・特典」の違いです。

ahamo光はシンプルさが売りのためほとんどサービスはありませんが、ドコモ光は高額キャッシュバックをはじめ様々なキャンペーンや特典があります。

ahamo光が行っているキャンペーンは1つめが「工事費無料」、2つめは「dポイント10,000Pプレゼント」です。

dポイントは利用開始月の4ヶ月後に自動で付与され、有効期限は6ヵ月間です。

ahamo光の特典としてはもう1つ「マルウェア不正通信ブロックサービス」です。

​「マルウェア不正通信ブロックサービス」とはすでに悪意のあるソフトウェア、マルチウェアに感染した場合に被害を広げないようにするものです。

ただ、100%防げるものではないですし、どちらかというと侵入させない対策のほうが大切になってきますので、セキュリティ対策ソフトやソフトウェアを最新に保つなど対策をしっかり行いましょう。

 

ネコさや

ポイントの還元率がいい、dカードgoldの10%ポイント還元もahamo光は対象外です。

 

ドコモ光はオプション不要!30,000円キャッシュバック※当サイト限定!



ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックは最大51,000円

 

ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)のキャンペーンはとても豪華で、新規で契約する場合も他社から乗り換える場合も「全員10,000円がもらえる」キャッシュバックキャンペーンを行っています。→なんと当サイト限定で38,000円がもらえます!

もちろん複雑な条件はなく、申し込んだ全員が対象です。

他社からの乗り換えで違約金や工事費残債費用が発生する場合はさらに追加で「違約金負担キャッシュバック15,000円」がもらえるので、乗り換える方はさらにお得です。

キャッシュバックがもらえるのは開通してから4ヵ月めにGMOとくとくBBのメールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届くので、そのメールから口座登録の手続きをするだけです。

もらい忘れだけは注意して手帳などに予定としてしっかり記入しておきましょう。

 

※全て税込価格
※ドコモ光はプロバイダGMOとくとくBBの場合
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
光回線 特典・キャンペーン
ahamo光 ①工事費無料​
②dポイント10,000P(4ヵ月後)​​
※ドコモ光からのプラン変更は対象外​​
※契約期間なしは対象外​​
③マルウェア不正通信ブロックサービス
ドコモ光 ①工事費無料
②全員に10,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員38,000円に増額中
③10ギガ申込で全員に30,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員51,000円に増額中
④他社サービス乗り換えでさらに15,000円キャッシュバック
⑤dポイント最大17,000pt
⑥モバイルWi-Fiルーター3ヵ月無料
⑦セキュリティ対策ソフト12カ月無料
⑧訪問サポート初回無料

 

ドコモ光×GMOとくとくBBが1番お得!
オプション不要で全員38,000円キャッシュバックがもらえる! 【特別キャンペーン内容】
①工事費無料
②全員に10,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員38,000円に増額中
③10ギガ申込で全員に30,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員51,000円に増額中
④他社サービス乗り換えでさらに15,000円キャッシュバック
⑤dポイント最大17,000pt
⑥モバイルWi-Fiルーター3ヵ月無料
⑦セキュリティ対策ソフト12カ月無料
⑧訪問サポート初回無料

ドコモ光×GMOとくとくBBの公式限定サイトをみる
 
 \当サイト限定で増額中!全員に38,000円キャッシュバック/

 

 

ネコさや

「キャッシュバックをもらい忘れそう…」という方はNNコミュニケーションズ(代理店)からの申し込みがおすすめです。20,000円のキャッシュバックが最短一カ月後にもらえます。手続きは簡単で電話口でオペレーターに伝えるだけで、フォローもしてくれます^^

 

ネコさや

私もGMOとくとくBBを利用しています。
先日実際にキャッシュバックの手続きを行ったので「本当にもらえるのか不安…」という方はぜひご覧ください。

 

ドコモ光からahamo光に乗り換える時の注意点


月額料金が安くなるので、この機会にスマホをあわせてドコモからahamoに乗り換えを検討している方も多いと思います。

ドコモ光からahamo光へは簡単にプラン変更できるのがメリットですが、注意点があるので事前にしっかり確認をしておきましょう。

 

 

ドコモ光→ahamo光に乗り換える時の注意点​

①事務手数料3,300円がかかる​
②契約していたプロバイダのサービスが利用できなくなる(Wi-Fiルーター/セキュリティ対策/設定サポート/メールアドレスなど)​
③PPPoE接続が利用できなくなる​
④IPv6通信がスムーズに切り替わらない場合がある​

 

注意点1つめはドコモ光からahamo光へ乗り換える時には事務手数料3,300円がかかります。

乗り換えるだけで月額料金は戸建て・マンションともに770円安くなりますが、事務手数料が発生するので最低でも5か月はahamo光を利用しないと元はとれません。

注意点2つめは今まで契約していたプロバイダのサービスが利用できなくなります。

ドコモ光はそれぞれプロバイダ独自のサービスを提供しています。

例えばWi-Fiルーターのレンタルやセキュリティ対策ソフト、設定サポートやプロバイダのメールアドレスなどがありますが、ドコモ光で契約していたプロバイダは解約となるため、今まで利用できていたサービスは全て利用することができなくなります。

また、プロバイダによっては自動更新期間以外の解約は違約金がかかったりする可能性があります。

違約金発生の有無やレンタルしていたWi-Fiルーターの返却や解約手続きなど、プロバイダに一度確認をしましょう。

プロバイダのメールアドレスをマイクロソフトアカウントに登録している場合は特に注意が必要です。

 

ネコさや

もしプロバイダのメールアドレスをマイクロソフトアカウントで使用している場合は、下記のブログを参考に
マイクロソフトアカウントのメールアドレスの変更を事前に行っておきましょう。

 

3つめの注意点はPPPoE接続ができなくなることです。

これは大きな違い⑥PPPoE接続のところで解説しましたが、ahamo光ではPPPoE接続では通信ができなくなります。

そして最後4つめの注意点はここが結構やっかいですがIPv6通信がスムーズに切り替わらない場合があります。

 

【注意】IPv6通信がスムーズに切り替わらない場合がある


ドコモ光からahamo光に乗り換える時にIPv6接続通信がスムーズに切り替わらない

 

ドコモ光からahamo光へ乗り換える場合は、ほとんどの場合では開通日(切り替え日)にプロバイダはすぐに切り替わります。

ただ、IPv6接続通信の切り替えがうまくいかないケースがあるので注意が必要です。

IPv6接続はv6プラスやtransix、OCNバーチャルコネクトなど各光コラボ(プロバイダ)によって提供している接続サービスが違います。

乗り換え時には各IPv6接続を切り替える必要があるんですが、やっかいなことに同時に2つのIPV6接続の通信は行えません。

そのため、乗り換え元のプロバイダでちゃんとIPv6接続が廃止されていないとahamo光でIPv6通信ができないというわけです。

この乗り換え元のプロバイダでのIPv6廃止処理がスムーズにいかない場合が多いんですよね。

ahamo光の公式サイト(※インターネット接続の流れについて)をみると「お客さまご自身で変更前プロバイダに工事日(切替日)をご連絡ください。変更前プロバイダでIPoE方式の廃止ができていない場合、IPv6通信の開通ができずインターネットがご利用いただけない期間が発生することがあります。」と記載があります。

ただ、乗り換え元のプロバイダに切り替え日を連絡するだけだと解決できないことが実際は多いです。

具体的に「IPv6サービスの解約だけではなく廃止処理も完了していますか?」と伝えると「IPv6の契約が残っている可能性があるので確認します」とプロバイダ側としてもちゃんと確認をしてくれる可能性が高いです。

サポート対応をしてくれるオペレーターはマニュアル通りに回答してくるので、一歩踏み込んで聞かないと対応はなかなかしてくれません。

「IPv6は解約済=廃止もされている」と認識している場合があるので、ちゃんと適切な部署などに改めて確認をしてくれるように具体的に伝えることがポイントです。

その時対応してくれたオペレーターの知識にもよるところが大きいので、私たち側もこの仕組みにについては少し知っておいたほうがいい知識となります。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

ネコさや

ahamo光の場合は特にここがうまくいかないと結構多くのwebサイトが見れない状態が続いてしまうので必ず事前に対応をしておいたほうがいい内容となります。

 

ahamoユーザーでこんな場合はドコモ光の継続利用がおすすめ


スマホだけは以前ahamoに乗り換えたけど、光回線は面倒くさいからドコモ光のまま…という場合もありますよね。

結論から言うと下記の2つのパターンの場合はドコモ光の継続利用がおすすめですが、それ以外の方はahamo光や他の光コラボに乗り換えるほうがお得になります。

 

 

こんな人はドコモ光の継続利用がおすすめ

①家族にドコモユーザーがいる
②ドコモ光のプロバイダを変更したくない

 

それではahamoユーザーでドコモ光の継続利用がおすすめな場合について詳しく見ていきましょう。

 

①家族にドコモユーザーがいる


ahamo×ドコモ光はahamoの光セット割はありませんが、ドコモ光とのペア回線にはできるため家族にドコモユーザーがいる場合はそのまま継続利用したほうがお得になるケースがあります。

ペア回線とはドコモ光とスマホの名義を一緒にすることで支払いやdポイントのアカウントを1つにまとめることができることです。

ahamoの契約回線をペア回線に設定した場合、同一ファミリー割引グループ内のahamo以外の対象回線へのドコモ光セット割が適用されます。

また、ahamoは「みんなドコモ割」のカウント対象です。

ahamoにドコモ光セット割は適用されなくても、ahamo以外の対象回線は「みんなドコモ割」が適用され、スマホ料金がさらに安くなります。

ドコモ光セット割についてはこちらの大きな違い③スマホセット割をご覧ください。(同一ページ内の別の場所にとびます)

 

 

ネコさや

みんなドコモ割は同一「ファミリー割引」グループ内で2回線以上あるとスマホ料金が割引になるサービスです。
2回線のみは550円引き、3回線以上ある場合は1,100円です。

 

※全て税込価格
※横へスライドすると全ての項目が表示されます→
※2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプラン、irumo(0.5GB)は対象外
みんなドコモ割 1回線 2回線 3回線
割引額 -550円 -1,100円
割引対象 eximo/5Gギガホ プレミア/5Gギガホ/5Gギガライト/ギガホ プレミア/ギガホ/ギガライト
カウント対象 ahamo/irumo(0.5GB以外)/上記の割引対象

 

ネコさや

ahamoは「みんなドコモ割」のカウント対象なので、家族に対象の料金プランのユーザーがいる場合はお得になります。

 

 

ahamoは「ドコモ光セット割」も「みんなドコモ割」もありませんが、「ファミリー割引」グループに入れば、家族間国内通話が無料です。

「ファミリー割引」は、一緒に住んでいる家族はもちろん、離れて暮らしている三親等以内の家族であれば最大20回線まで「ファミリー割引」のグループを組めるので、家族にドコモユーザーがいればいるほどお得です。

 

ネコさや

ファミリー割引については詳しくはこちらの「ファミリー割引」をご覧ください。

 

②ドコモ光のプロバイダを変更したくない


プロバイダには独自のサービスを提供していることがあり、プロバイダの様々なサービスを利用している人も多いですよね。

プロバイダを解約すると今まで利用していたサービスは利用不可になります。

例えば…

 

プロバイダを変更するとどうなる?

①プロバイダのメールアドレスが使えなくなる
②マイクロソフトアカウントが使えなくなる
③機器の返却が必要
④プロバイダのオプションが利用できなくなる
⑤ポイントが失効する

 

プロバイダと契約するとプロバイダメールアドレスがサービスとして1つ無料でもらえますが、乗り換えに伴い解約をするとプロバイダメールアドレスは使用できなくなります。

今まで送受信したメールボックスや連絡先等見れなくなるため、もし保存しておきたいメール等があれば印刷などをして保存しておきましょう。

また、プロバイダのメールアドレスでマイクロソフトアカウントを作成している場合、作成したマイクロソフトアカウントは使用できなくなります。

マイクロソフトアカウントは、Microsoft 365または Office 2013以降をインストールした際に、所有者であることを確認・関連付けするために、マイクロソフトアカウントでサインインをしています。

関連付けをしたマイクロソフトアカウントを削除してしまうと、別のパソコンにOfficeを入れ替えたいなどの理由で再インストールした際に所有者と確認できないため、プロバイダを解約する前に事前に確認をしておきましょう。

 

 

プロバイダメールアドレスでマイクロソフトアカウントを作成したかわからない!

作成したか確認する方法

マイクロソフトアカウントを作成時に送られてくるメール(メールアドレスの確認)

マイクロソフトアカウントを作成すると、マイクロソフトから[お使いのメール アドレスの確認]というメールが送られてきます。もしわからない場合は、プロバイダの受信トレイを確認しマイクロソフトからメールが届いてないか確認をしてみましょう。

 

ネコさや

ドコモ光でプロバイダOCNインターネットを利用している場合、ahamo光も同じプロバイダOCNインターネットですが、ahamo光はプロバイダのメールアドレスの提供はないため、引き継ぐことはできません。

 

 

ahamoユーザーがドコモ光から乗り換える場合におすすめの光回線は?


ahamo光とGMOとくとくBB光はGMOとくとくBB光のほうがお得

 

ドコモ光から乗り換える場合におすすめの光回線は「GMOとくとくBB光」です。

ahamoは元々の月額料金が安くシンプルな料金プランが特徴なので、同じ特徴をもつGMOとくとくBB光との相性がとてもいいです。

GMOとくとくBB光は店舗がないため、申し込みや不明点・トラブル解決も全てオンラインです。(電話対応もあり)

ahamoも全てオンラインなので、その辺りも相性がいいですよね。

現在ドコモ光からの乗り換えを迷っている方はGMOとくとくbb光に乗り換えたほうが月額料金も年間かかる費用もかなり削減できるので乗り換えがおすすめです。

乗り換えも事業者変更となりますので、工事が不要で簡単に乗り換えることができますよ。

 

ネコさや

「月額料金が安いほうがいい」「縛り違約金がないほうがいい」という方はGMOとくとくBB光がおすすめです。

 

 

 

いつ解約しても違約金なし!GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)
工事費もWi-FiルーターもIPv6 IPoE(v6プラス※速度改善)も全て込みで料金プランがわかりやすい!
GMOとくとくBB光最大10ギガの当サイト特別キャンペーンは最大124,000円キャッシュバック
【大感謝祭いよいよファイナル!特別キャンペーン内容】※全て併用可能
①工事費実質無料
②全員に5,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員30,000円に増額中
③さらに他社の違約金負担最大60,000円キャッシュバック
④さらに10ギガ申し込みで10,000円キャッシュバック
⑤v6プラス対応高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
⑥GMOひかりテレビ申し込みでさらに20,000円キャッシュバック(新規のみ)
⑦GMOひかり電話申し込みでさらに4,000円キャッシュバック(新規のみ)

GMOとくとくBB光の公式限定サイトをみる
 
 \当サイト限定で増額中!最大124,000円キャッシュバック/

 

 

ネコさや

わたしは現在GMOとくとくBB光を利用していますが、月額料金が安くて速度も問題なく、毎月の通信費削減に助かってます

 

 

まとめ


ahamoユーザー専用のahamo光とドコモ光の違いについて解説しました。

ahamo光とドコモ光は両方ともドコモが提供している光回線サービスで、同じNTTフレッツ光回線を利用しているNTT回線系「光コラボ」です。

回線は同じなので、キャンペーンやサービスがいいほうがお得ですよね。

ドコモ光は当サイト限定で38,000円のキャッシュバックが無条件でもらえるので、実質金額では断トツでドコモ光がお得になります。

ahamo光のサービス内容は今後変わっていく可能性はありますが、今のところはあまり大きなメリットはないのが正直な感想です。

ただ、ahamo光は月額料金が安いので実質金額よりも月額料金がとにかく安いほうがいい!という方にはおすすめです。

どちらが自分にあっているのか比較をしてお得に光回線を利用しましょう。

 

 

 

 

ドコモ光×GMOとくとくBBが1番お得!
オプション不要で全員38,000円キャッシュバックがもらえる! 【特別キャンペーン内容】
①工事費無料
②全員に10,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員38,000円に増額中
③10ギガ申込で全員に30,000円キャッシュバック→当サイト限定で全員51,000円に増額中
④他社サービス乗り換えでさらに15,000円キャッシュバック
⑤dポイント最大17,000pt
⑥モバイルWi-Fiルーター3ヵ月無料
⑦セキュリティ対策ソフト12カ月無料
⑧訪問サポート初回無料

ドコモ光×GMOとくとくBBの公式限定サイトをみる
 
 \当サイト限定で増額中!全員に38,000円キャッシュバック/

 

解説動画:ahamoユーザー専用「ahamo光」を徹底解説!ドコモ光との違いは?メリットやデメリット


YouTubeでも「ahamo光とドコモ光との違い」について解説しています。

 

 


だいふく
お疲れさまでした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事