簡単【Wi-Fiルーター/ONU設定方法】ソフトバンク光からソネット光へ乗り換え

ONUとWi-Fiルーターの設定は難しいと思っていませんか?

最近の主流であるIPv6対応のWi-Fiルーターと光回線の場合であれば
初心者でもすごく簡単にインターネットに接続することができます。


実際の作業時間は慣れれば 10分もあれば完了します。

自動設定時間も含めれば、30分程度で終わります。

設定に不安な方でもこの記事(画像つき)で丁寧に手順を説明しているので
問題なく設定できると思います。

そのぐらい簡単です!

プロバイダの訪問サポートを利用しなくても、自分で設定できたら嬉しいですよね。

ぜひこの記事を最後までご覧ください。


この記事は下記のような方におすすめ
  • 【事業者変更または転用】Wi-FiルーターとONUを設定する手順を知りたい
  • 自分で全てインターネットに接続してみたい
  • こんな時期なので訪問サポートをできれば利用したくない

ネコさや
ソフトバンク光からソネット光プラスへ乗り換えるまでの手順や
ソネット光プラスを契約した理由については下記の記事で詳しく解説しています

 

ネコさや

2022年11月からソネット光プラスからGMOとくとくBBに乗り換えました。
Wi-Fiルーター含め事業者変更の詳しい手順は下記の記事をご覧ください。

 

前提条件

インターネットの接続設定は、契約内容や機種によって様々なパターンがあります。

この記事では、下記の条件に当てはまる場合の設定手順を説明しています。

画像付きで説明していますが、もし画像と機種などが違っていても
基本的な設定手順は同じです。

・事業者変更または転用の場合
(例:ドコモ光またはフレッツ光からソネット光プラス等の光コラボへ乗り換え)
・ひかり電話の契約はなし
・IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6の光回線を契約した(v6プラス/IPv6オプション/transix等)
・IPv6対応のWi-Fiルーターで設定する

【ご注意ください】ソフトバンク光のWi-Fiルーターの場合

ソフトバンク光のWi-Fiルーター(白色のYahoo BBユニット)は設定手順が変わります。
詳しい手順はこちらをご確認ください。

IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6の光回線/IPv6対応のWi-Fiルーターってなに?

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6とは?​














まず、IPoE接続というのは、車の渋滞で例えるとわかりやすいんですが
混雑している道ではなく、空いている道を通ることによって
さくさくと動くことができる接続方式のことです。

たた、webサイトには、IPv6対応と非対応(IPv4)の2つのサイトが存在しています。

IPv6に対応していれば、IPoE接続でさくさく動くことができるんですが
IPv6に対応していないサイトでは渋滞の道しか通ることができません。


インターネット上でも通信を行う上のでルールというものがあって
それがIPv4とIPv6と2つの接続方式のルールに分かれます。

ヤフーやアマゾン、楽天など大手のサイトを筆頭に対応していないサイトがまだかなり多く残っています。

これを解決する為に、新たに開発されたのが、IPv4 over IPv6という接続方式です。

この接続方式によって、IPv6に対応していない非対応(IPv4)のサイトでも
IPoE接続ができるようになり、全てのサイトがサクサク動くことができるというわけです。

これが、v6プラスやIPv6オプションというものになります。

だいふく
"IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6"と"IPv6対応"がよくわからないんだけど…
ネコさや
簡単に言うと
"土日など混みあう日時でも快適にインターネットを利用できる"接続方式だよ

だいふく
Wi-Fiルーターと光回線と両方IPv6に対応していないといけないってこと?

ネコさや
そのとおり。Wi-Fiルーターまたは光回線どちらか片方が対応していても
IPv6(IPoE)接続できないから(IPv6非対応サイト)、両方対応している必要があるの

だいふく
調べ方がわからないんだけど…何が対応してるか教えて…

ネコさや
確かにすごくわかりにくいよね。
しかも"IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6"というのを、各光回線はそれぞれ違うサービス名で
呼んでいるから余計わかりにくいんだよね…

IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6の光回線とIPv6対応のWi-Fiルーターは下記のとおりです。

人気の光回線をピックアップしてみました。

※価格表記がある場合は追加で料金が発生します。

一例:IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6の光回線

enひかり(+198円)
おてがる光(+165円)
スマート光
GMO光アクセス
エキサイトMEC光
OCN光
楽天ひかり
IIJmioひかり
@niftyひかり
ビッグローブ光
ドコモ光
ソネット光プラス
※ソフトバンク光は光BBユニット(ルーター)を利用することで通信可能

■IPv6(IPoE)+IPv4 over IPv6=v6プラス/OCNバーチャルコネクト/transix/IPv6オプション/クロスパス/v6コネクト など
※光回線によって呼び名(サービス名)は違いますが、インターネットを快適に利用するという面では全部一緒のことです。

一例:IPv6対応のWi-Fiルーター

●Wi-Fiルーターのレンタルがある場合は、ほとんど対応しています。
enひかり(+330円)※1
GMO光アクセス
エキサイトMEC光(+110円)
ビッグローブ光(+550円)
OCN光(+550円)
ソフトバンク光(+550円)
ドコモ光
@niftyひかり
ソネット光プラス

※1 HGW(ホームゲートウェイ)に無線LANカードを利用


\IPv6対応おすすめのWi-Fiルーターはこちら/

Wi-Fiルーター/ONUを設定する

これから説明する手順は、光回線の開通後の手順です。

新しく契約した光回線から開通連絡があったら、下記の手順どおりに
Wi-FiルーターとONUの設定を行っていきます。

注意点

契約している内容によってONUとWi-Fiルーターは、それぞれ機種が違いますが
基本的な手順はこの記事の内容と一緒です
※本記事のONU画像はONU一体型ホームゲートウェイです。
(新規工事の際に光電話契約"あり"の場合は本記事と同じONUですが、"なし"の場合は小さめのONUです)

①届いたWi-Fiルーターを開梱して確認する

(本記事の場合は)ソネット光プラスから送られてきたWi-Fiルーターの箱をあけて、中身を確認します。

ソネッ光プラスから送られてきたWi-Fiルーター

・ルーター本体
・ACアダプタ
・LANケーブル
・スタンド
・説明書

今まで利用していたWi-Fiルーター(IPv6対応)をそのまま使用したい

一度初期化をする必要があります。
初期化をした後に手順[④LANケーブルをWi-Fiルーター/ONUそれぞれに接続する]から設定することが可能です。
初期化の方法は機種によって違いますので、メーカーのホームページ等でご確認ください。

②今まで使用していたWi-FiルーターとONUの電源をオフにする

Wi-FiルーターとONUの機器からACアダプタを抜いて電源を切ります。
ACアダプタを抜くだけで電源が切れます。

ONUとWi-FiルーターのACアダプタを抜いて電源をオフにする

③新しく届いたWi-Fiルータを設置する

今まで使用していたWi-Fiルーターをどかして、新しく届いたWi-FiルーターをONUの横に置きます。

Wi-Fiルーターのモードは[RT]になっているか確認する

インターネットを複数台で利用する場合の"RT"モード

ほとんどのWi-Fiルーターは初期設定は"RT"モードになっているかと
思いますが、念のため確認をします。

出典:RT/BR/CNV モード切替スイッチの使いかた

④LANケーブルをWi-Fiルーター/ONUそれぞれに接続する

新しいWi-Fiルーターと一緒に入っていたLANケーブルを、Wi-FiルーターとONUそれぞれに接続します。
この時、ONUはLAN(複数ある場合はどれでも可)、Wi-FiのルーターのほうはWANと書いてあるところに接続します。

ONUとWi-FiルーターにLANケーブルを接続します。この時Wi-FiルーターのほうはWANに接続します。

⑤電源を入れる

ACアダプタをWi-FiルーターとONUにそれぞれ接続して、電源を入れます。
ACアダプタをコンセントに接続すると電源が入ります。

Wi-FiルーターとONUにACアダプタを接続します

⑥Wi-Fiルーターが自動で準備を開始する

電源が入るとWi-Fiルーターは自動的に準備を開始します。
Wi-Fiルーターの準備が終わると、緑色のランプが点灯するので、ランプを確認します。
環境によっては、ACTIVEが消灯、2.4GHzと5GHzのところが点滅の場合もあるみたいです。

Wi-Fiルーターの準備が終わると、緑色のランプが点灯するので、ランプを確認します。

⑦wi-FiルーターとONUの設定が完了

Wi-FiルーターとONUの設定が完了しました。
※この段階ではまだパソコンでインターネットは利用できない状態です。

インターネットの接続準備が完了です

パソコンへWi-Fi設定をする

続いてインターネットを利用する為に、パソコンへWi-Fi設定をしていきます。

①SSIDと暗号化キーをする(Wi-Fi)

Wi-Fiルータの背面等に記載してあるSSID(機種にとってはネットワーク名と記載)と暗号化キーを確認します。

Wi-Fiルータの背面等に記載してあるSSID(機種にとってはネットワーク名と記載)と暗号化キーを確認します

SSIDってなに?

SSID(Service Set Identifier)とは無線電波の名称

パソコンやスマートフォンで無線に接続する時に、接続先がずらっとでてくるかと思います。
その時にどれに接続していいのかわからないですよね。
自分の無線ルーターの電波がわかるように、区別する為の名称です。

出典:エレコム[無線でよく聞くSSIDとは?]

2.4GHzと5GHzと2つの違いはなに?

2.4GHzと5GHzはそれぞれ特徴があります。
利用環境に応じて接続先を分けるのがおすすめです。

【2.4GHz】壁や床などの障害物に強い為、離れた部屋でも電波が届きやすい。
ただ、電子レンジなどの家電等と同じ周波数帯の為、電波が干渉しあうことで接続が不安定になる場合がある

【5GHz】壁や床などの障害物に弱い為、場所によっては電波がつながりにくくなる場合がある。
ただWi-Fi専用の周波数帯の為、高速通信が可能で他と干渉することがなく、安定した状態でインターネットに接続ができる

②パソコンを起動する

SSIDと暗号化キーを確認したら、パソコンを立ち上げます。
インターネットに接続しようとしても、この時はまだ接続ができていません。

インターネットには接続されていません

③SSIDを表示させる

パソコン画面右下にある丸い地球儀のようなアイコンをクリックして、SSIDを表示させます。

パソコン画面右下にある丸い地球儀のようなアイコンをクリックすると、SSIDがずらっと表示します

④該当のSSIDを選択する

先ほど確認したSSIDがここに表示されているかと思いますので、確認をしたSSIDを選択します。
[自動的に接続]にチェックが入っているのを確認して[接続]をクリックします。

SSIDを選択して[自動的に接続]にチェックが入っているのを確認して[接続]をクリックします。

⑤暗号化キーを入力する

先ほど確認をした暗号化キーをネットワークセキュリティキーの入力の箇所に入れていきます。
入力をしたら[次へ]をクリックします。

[ネットワークセキュリティの入力]に暗号化キーを入力して[次へ]をクリックします。

⑥インターネットへの接続完了

[接続済み]と表示されて、インターネットに接続ができたことを確認します。

[接続済み]と表示されて、インターネットに接続ができたことを確認します。

これでパソコンでインターネットを利用することができるようになりました。

Wi-Fiルーターのセキュリティを強化する(NEC製Atermの場合)

Wi-Fiルーターのセキュリティ規格をWPA2からWPA2/WPA3に変更してセキュリティを強化する

Wi-Fi接続時には、第三者による不正アクセスや、情報漏洩など様々なセキュリティリスクがあります。

そのようなセキュリティリスクに対応する為には、Wi-Fiルーター側のセキュリティ強化が重要です。

ソネット光プラスが無料レンタルしているWi-Fiルーター"NEC製 Aterm WG1200HP4"は
最新のセキュリティ規格に対応していますので、通信データを保護し、第三者からの傍受や盗聴から守ることが可能です。

ただ、初期設定では1つ前のセキュリティ規格"WPA2-PSK(AES)"が設定されている為、手動で変えなければいけません。

その方法について説明していきます。

ネコさや
WPA3を利用するにはパソコンやスマホなどの受信側も対応している必要があります

【WPA3対応子機】 (一例)iPhone7以降、iPad第5世代以降

※パソコンの場合はメーカーのサイトまたは下記の手順でも確認できます。
または型番でメーカーサイトにアクセスしてそれぞれ対応しているかご確認ください

①コマンドプロンプトを開く(パソコン画面左下の検索アイコンにcmdと入力して検索)
②[netsh wlan show drivers]と入力してEnterキーを押下
③[インフラストラクチャ モードでサポートされている認証と暗号の項目を確認]
④WPA3-Personal が含まれているか確認

暗号化規格を最新のWPA3に変更する

※画像はAterm WG1200HS4ですが、基本的な設定は他のAtermも同じです。

クイック設定Webにアクセスする

Wi-Fiに接続されているパソコンなどを起動し、クイック設定Webこちらにアクセスします。

②ログインをする

下記を入力して[ログイン]をクリックします。
■ユーザー名 admin※半角小文字
■パスワード 管理者パスワード

管理者のパスワードがわからない

パスワードはWi-Fiルーターラベルに記載

管理者パスワードの初期値は、Wi-Fiルーター貼付のラベルに記載された英数字8桁のパスワード(Web PW)です。

出典:クイック設定Webの使いかた

③ログイン後のホーム画面が表示

クイック設定Webのホーム画面が表示されたら[Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)]をクリックします。

NEC製Wi-FiルーターAtermのクイック設定Webのトップページー[Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)]をクリックします。

④暗号化モードを変更する

初期設定の暗号化モードが[WPA2-PSK(AES)]に設定されている為
最新のセキュリティ規格WPA3にも対応できるように[WPA2-PSK(AES)/WPA3-SAE(AES)]を選択します。

NEC製Wi-FiルーターAtermのクイック設定WebのWi-Fi詳細設定(2.4GHz)暗号化モードを変更する

だいふく
最新のセキュリティ規格"WPA3-SAE(AES)"だけじゃダメなの?

ネコさや
パソコンなどの受信側が全てWPA3に対応していればそれでもいいけど
WPA2にしか対応できていない機器もたくさんあるから、
今は混在していることが多いの

だいふく
だからどっちの規格にも対応できるように「WPA2-PSK(AES)/WPA3-SAE(AES)」を
選択するってことなんだね!

⑤変更した内容を保存する

内容を保存する為に[設定]をクリックします。

NEC製Wi-FiルーターAtermのクイック設定WebのWi-Fi詳細設定(2.4GHz)暗号化モードを設定する

⑥再起動をする

再起動のメッセージが表示されたら[再起動]ー[OK]をクリックします。
再起動中のメッセージが表示されますので、終わるまでそのまま待ちます。
再起動が完了したら[OK]をクリックします。

⑦5GHzも設定する

2.4GHzと同じように、5GHzも[WPA2-PSK(AES)/WPA3-SAE(AES)]に変更します。
ホーム画面に戻り[Wi-Fi詳細設定(5GHz)]をクリックします。

NEC製Wi-FiルーターAtermのクイック設定Webのトップページー[Wi-Fi詳細設定(5GHz)]をクリックします。

⑧5GHzの暗号化モードを変更する

あとは[④暗号化モードを変更する]からの手順と同じです。

つながらなくなった!

セキュリティ規格を変えたら、つながらなくなった!

古い規格しか対応していない機器(例:任天堂DSはWEPのみ)の場合は
セキュリティ規格を新しい規格にすると、対応していない為つながらなくなります。
その場合は、それぞれに異なるセキュリティ規格を設定することで、両方とも接続することができます。
詳しくはこちらをご確認ください。

出典:異なる暗号化方式の子機を同時に接続する(マルチSSID機能)

ネコさや
メッシュ機能は[WPA2-PSK(AES)]のみ利用可能ですのご注意ください

ソネット光プラスのWi-Fiルーターはインターネットを快適に使える機能がたくさん!
【通信速度に影響する】
  • ①ビームフォーミング:電波強度を高める為、電波が届きにくい場所でも安定した通信を可能にする
  • ②MU-MIMO(マルチユーザーマイモ) :複数の端末を同時接続しても安定した速度で利用できる
  • ③バンドステアリング:電波の状況に応じて、安定した状況で利用できるようにサポート
  • ④メッシュ:家中どこでも安定した通信が可能 ※Wi-Fiネットワーク機器を複数台配置する必要がある
【セキュリティに影響する】
  • ①WPA3:最新のセキュリティ規格でWPA2よりもセキュリティが向上している

よくある質問

Q1.v6プラスが問題なく利用できているか確認できる?

A1.v6プラスが利用できているか確認することができます。

■確認方法:IPv4/IPv6接続判定ページにアクセス後[判定開始]をクリックします。

Q2.[2.4GHz]と[5GHz]はどうやって切り替える?

A2.パソコン上からそれぞれのSSIDを選択すると、切り替えることができます。

SSIDはWi-Fiルーターの背面等に記載があります。
[2.4GHzと5GHzと2つの違いはなに?]でも説明したように、それぞれの特徴やメリットデメリットがあります。
利用環境に応じて切り替えをすると、スムーズにインターネットを利用することができます。

2.4GHzと5GHzの切り替え方法


だいふく
お疲れさまでした!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事